くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

ネットで販売中の商品を選ぶ:
 くるき亭公式オンラインストアへ
 os_screenshot

製品について詳しく知る:
腕時計
懐中時計・時計小物
 時計ができるまで
 ギフトにもオススメ
 時計のアレンジ

「NamiRevo:お客様の声から生まれた腕時計」シリーズ

「NamiRevo:お客様の声から生まれた腕時計」シリーズ

この「NamiRevo」という時計は、その名の通り、最初は「お客様の声」から生まれました。
その後、何度かのリニューアルを繰り返しながら、独自の進化を遂げて、現在に到っています。

Planning :この時計の着想・企画・構想

この時計のはじまりは「お客さんの声」から

この時計のはじまりは「お客さんの声」から

新しい「Nami」シリーズを発売してから、時々、「Namiで、Revobangleの文字盤にできないのでしょうか?」という声が届き始めました。

くるき亭では「文字盤チェンジ」というアレンジオプションがあって、「同型・同直径・同じ高さであれば、文字盤が交換できる」というオプションです。 それを、この2つの時計で適用できれば、簡単な話だったのですが、残念ながら、この2つの時計は大きさと高さが異なっていたため、不可能だったのです。

そのため、いつも「すみません。」とお答えしていたのですが、試しにアトリエで重ねてみると、「確かにカッコイイね。」ということになり、「では、作ってみよう」ということになりました。

「船」がテーマの「Nami:航海する人の腕時計」シリーズ

「船室」がテーマの「Nami:航海する人の腕時計」シリーズ

「海に沈んでしまった世界」で「楽しく旅をしている少女が作った時計」がコンセプトの「Nami:航海する人の腕時計」シリーズ。

半球レンズが特徴的な「船室の窓」をモチーフにした時計本体と、帆をイメージした手縫いの本革ベルトを合わせた腕時計です。

この腕時計が「NamiRevo」シリーズの原型となりました。

「羅針盤」がモチーフの「Revobangle」の文字盤

「羅針盤」がモチーフの「Revobangle」の文字盤

「新しい生活に飛び込む人の腕時計」がテーマの「Revobangle」シリーズ。

軽快でスポーティな本革バングルに、羅針盤をモチーフにした文字盤を合わせています。

この時計は、「新しい生活に飛び込むための羅針盤」という意味から、文字盤は羅針盤をモチーフにしたデザインになっていました。
「Nami」も航海→船→羅針盤という連想で、文字盤が羅針盤モチーフとなっていますが、「金属の文字盤がいい」「Revobangleの文字盤がいい」という声を頂いていました。

ということで、この腕時計の文字盤がNamiRevoの文字盤の元となりました。

※ 写真はリニューアル後のRevobangleです。

Rough design :時計のラフデザイン

文字盤だけといっても・・・

文字盤のラフデザイン

今回は基本的にやらなくてはいけないのは「文字盤だけ」となります。

とはいえ、「文字盤だけ」といっても、NamiとRevobangleは文字盤の大きさや高さが異なるので、「同じデザインにしたからといって、同じようにはならない」です。
少し間延びして見えたり、逆にゴチャゴチャしてしまう・・・等々、「単純に大きくすればいい」という訳ではないので、「Revobangleの文字盤のどこがお客さんは気に入ってるのだろう?」と思いながら、何度もラフ絵を描いて、「違う大きさ、違う時計に入れても、Revobangleの文字盤の良さが出るように」調整していきました。

ということで、文字盤は0から描きなおすことになり、「2つの時計の合体」ではなく、「NamiRevoという一つの時計」を生み出すつもりで、デザインにも調整を加えることになりました。

Design :時計のデザイン・設計

文字盤の高さの話

nr4

さて、大体の雰囲気がラフデザインで決まったら、設計をしていくことになります。

今回の場合、ほとんど議題は「文字盤」なので、「文字盤」から取り掛かったのですが、問題は「Revobangleの文字盤は、Namiよりも小さく高い」ということでした。

それなら、「Revobangleの文字盤を、大きくして、低くすればいいだけでしょ?」と思うかもしれませんが、実は違うのです。

まず、「そのデザインは、その大きさだからいい」という面があって、「小さい文字盤を大きくする」と、「ちょっと大味(雑)に見える」「ちょっと間抜けに見える」というようなことが起きます。
ですから、「単純に大きくする」ということはできませんでした。

次に「そのデザインは、その高さだからいい」という面もあります。
さらに、高さは厄介なことに「高さを高くする(低くする)と、時計が動かなくなる」という可能性もあります。
という訳で、当然、高さを計算し直さなくてはいけないですし、Revobangleの文字盤より低くしても「同じくらいの立体感に感じる」ようにしなくてはいけません。

しかし、Revobangleの文字盤と同じくらいの立体感を出すと、どうしても高さをオーバーしてしまい、時計が動かなくなってしまいます。

大体、時計の文字盤で「真ん中が高い」というのは、タブーとまでは言わないまでも、あまり無いことです。
時計の文字盤は、「周り(数字やメモリなどのインデックス部分)が高い」というデザインはよく見かける反面、「真ん中が高い」というデザインはさほど見かけないと思います。

文字盤の真ん中が高いと、針が乗らないため、無制限に高くするわけにいかないのです。
NamiRevoで目指したのは、その中での最高、つまり、「出来る範囲で、一番高くする」ということでした。
ギリギリのギリギリの高さで一番高いところを設定して、平坦部分をなるべく薄くするということで、設計していきました。

Parts Making :時計のパーツ・部品の制作

nr5

デザインの詳細が決まったら、パーツ・・・、今回は「文字盤」(だけですが)を新しく作っていきます。

中には「大きさだけなら、周りに何か足して溶接すればいいんじゃない?」という方もいるかもしれませんが、そうすると、強度が弱くなったり、高さが出てしまったり、見た目も悪くなったりします。

高さに関しても「高すぎるなら、削ればいいんじゃない?」と言われると、やっぱり、「削りました」感が出てしまうので、0から作った方がキレイですし、動作も安心です。

ということで0からのスタートとなったのですが、それを好機として、デザイン自体にも新しい要素を加えたので、なかなか会心の出来だった記憶があります。
最初に思ったより、時間や手間は遥かに掛かってしまったのですが、どうにかこうにか、文字盤が出来上がりました。

Release :発売〜今まで

最初は「アンティーク」のみでしたが・・・

アンティークのみでした

実はこの「NamiRevo」、発売した時は「アンティーク」のみのカラーでした。

お客さんに「すみません、アンティークだけでお願いします」という感じだったのですが、そのうち、「Nami」を好きな人と「Namirevo」を好きな人は、結構違う、ということに気づきました。

そこで、「Nami」と「Namirevo」は、それぞれ別の道を歩きはじめることになります。

新しいシリーズとしての「カラーバリエーション」

新しいシリーズとしての「カラーバリエーション」

「Nami:航海する人の腕時計」シリーズは、「少し女性に振れた雰囲気」「やわらかい雰囲気」がありますが、NamiRevoシリーズは、それよりは「男性にやや振れた雰囲気」「金属の立体感を持つ固い印象」があります。

そこで、あくまでNamiシリーズの「亜種」であった「NamiRevo」シリーズは、新しいシリーズとして、Namiシリーズの兄貴分のような時計として、デザインを変えていくことになります。

そこで、Namiシリーズとは違うカラーリングを行い、アンティークだけであったカラーリングのバリエーションが増えました。

「派生商品」も登場

NamiRevoバングル

さらに、派生商品も生まれていきました。

「NamiRevoバングル」シリーズは、NamiRevoをメタリックに仕上げ、バングルウォッチにした腕時計です。
バングル部分は取り外すことができて、普通の腕時計にもなります。
この時は、NamiRevoそのままではなく、「ミシン縫いの革ベルト」×「NamiRevoメタリック仕上げの本体」という組み合わせになり、ちょっと雰囲気の違う腕時計になります。

「NamiRevo」シリーズからリニューアルされた「mocoboat」シリーズをオンラインストアで見る デザイン帳に戻る