くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

ネットで販売中の商品を選ぶ:
 くるき亭公式オンラインストアへ
 os_screenshot

製品について詳しく知る:
腕時計
懐中時計・時計小物
 時計ができるまで
 ギフトにもオススメ
 時計のアレンジ

rebel

「Rebel」シリーズ

珍しいオリジナルフォントの日本語による曜日表示の金属文字盤、蓄光の針、重厚な時計本体、スマートながら荒さと力強さを与える革ベルトなど、くるき亭の時計の型の中でのひとつのベクトルにおける完成形と位置づける腕時計・・・という「Rebel」シリーズ。
そもそものはじまりは、その当時の「すべてを詰め込んでみよう」ということでした。

Planning :この時計の着想・企画・構想

その当時できるようになったことを全部詰め込んだ時計を作ってみよう

rebel_planning

「ある時計を作ろうかな」と思った時は、「こういうデザインが作りたい」という場合と「こういう技術ができるようになったから何か作りたい」という場合の両方あります。もちろん、その中間もあります。

この「Rebel」という時計は、確か、純粋に「こういう技術ができるようになったから何かを作りたい」という技術先行の時計のはじめてのケースだったと思います。

よくあるのが「こういうデザインを作りたいけど、この技術が必要だから、それを身に着けて、作れるようになろう」とか、「ある技術ができるようになって、じゃあ、それを利用して、リニューアルしよう」とか、そういうことですが、

「Rebel」はそうではなくて、その当時にできるようになったことを全部詰め込んで、何か時計を作ってみよう・・・というのがはじまりでした。

Rough design :時計のラフデザイン

パーツごとの構想から全体へ:いつもとは逆パターンで

rebel_rough

「技術先行」ということで、まだ、作りたい時計のデザインは無いので、Rebelの場合は、まず、「パーツごとにやりたいこと」を設定して、それぞれのざっくりとした方向性を考えました。

例えば、時計本体を重厚にし、時計本体に目盛りをつけるなど、細工をふんだんに盛り込むとか、文字盤をオリジナルフォント+日本語の曜日表記で金属立体にするとか、同じく文字盤を金属で多段立体にするとか、曜日等の小さい針も蓄光にするとか・・・、そういったことを決めていきました。

そして、決まった仕様を包括するデザインテーマを検討していったところ、出来上がりそうな時計が、レトロな感じでもなく、さほど個性的でもなく、スポーティーな感じで、いつもの私たちの時計とは違う雰囲気になりそうだったので、作る時のきっかけもいつもと違いますし、デザインの順番もいつもとは逆でしたので、今までの私たちに対して反逆的な時計という意味で、「Rebel」という名前とテーマに決まりました。

Design :時計のデザイン・設計

やりたいことをすべて詰め込んだデザイン

rebel_design

文字盤
手描きで文字を描いて、それを寸法などを決めていきました。
スポーティーなフォントのデザインにしました。
曜日は英数字だと画数が少なくてラクなのですが、日本語で細かいので、ちょっと大変でした。
また、技術先行ということで、斜めに角度をつけるなど、普通なら「ここは直線でいい」というところを角度をつけたりして、難易度を上げて挑みました。

時計本体
くるき亭の中でも最大級で最重量級ということで、材料費などに怯えましたが、仕方がないので、押し切ることにしました。
側面には流線型の紋様をつけることで、スポーティーな印象を与え、重厚感の中に軽さを感じるようにしています。
お客さんはあまり何も思わないと思うのですが、時計本体に詳細目盛りを設置するなど、私たちからすると、「こんなことをしてしまったぞ」というような要素が盛り込まれています。

革ベルト
時計本体を楽しんで頂きたいと思っていたので、ベルトはシンプルな標準的なデザインにしました。
しかし、重厚な本体に負けない厚めに切り出した革を手塗りし、2重にして縫い合わせた「両面銀面(革のツルツルした面)」の高級仕様にしました。
また、猫目の穴を開け、普通の丸穴よりも、スポーティな印象を足しました。

Parts Making :時計のパーツ・部品の制作

ヒヤヒヤしたパーツ製作

rebel_parts

なんといっても、複雑で細工の多いデザインな上に、最大級で、最重量級なので、パーツ製作は思っていた通り大変でした。

フォルムや、フォントなど、すべての部分が細かい上に、こだわりポイントが多いので、仕上がりにもいつも以上の完成度が求められますし、あまり大きな声ではいえないのですが、最大+最重量ということはそれだけ材料費が掛かるということでもあります。

当然、「細工が細かい」ほど時間や人手がかかるので「加工賃が高くなる」のですが、それに加えて、単純に材料の量が多いので「材料費も掛かる」ため、作り直しの度にヒヤヒヤものでした。
かなりの緊張感があったことを覚えています。

しかし、「その当時の私たちの技術を詰め込む完成形」を目指していたので、そこはグッと目をつぶって、やり直しを続けました。

Assembling :時計の組み立て

rebel_assemble

最初に組み上がった時は、「これは、もうこういう方向性で、これ以上のものは作れないだろうな・・・」という満足感と共に、「自分たちの時計じゃないみたい」という印象もありました。

お客さんにも「こんな普通の時計は求めていないよ」と言われそうで、少し心配がありましたが、「これはRebel(いつもとは違う。あえての反逆ですよ)なので」という言い訳を胸に秘めつつ、発売することになりました。

これだけ力を入れて作った時計は、やっぱり、お客さんに見せたいので・・・。

Release :発売〜今まで

やっぱり、お値段はお高めになってしまいましたが、ジワリジワリと

rebel_sales

さて、発売という段になって、やっぱり、「重い」「値段が高い」ということが判明しました。
やっぱり、最大級+最重量級となると、当たり前に「重い」ですし、材料をたくさん使うので、それだけで「値段が高い」ということになります。

「重さ」に関しては、「重い方が高級感を感じる」という方もいますが、くるき亭の時計は軽いことが多いので、くるき亭のお客さんには受け入れられないかもしれないな・・・と思っていました。

「値段の高さ」に関しては、頑張っても仕方がないところからは、もう仕方がない・・・という感じでした。

ということで、「あまり売れないだろうな・・・」と発表したのですが、ジワリジワリという感じでした。

ジワリとした人気。他のカラーも登場。ドラマでも使用されることに

rebel_metalblack

このRebelは、大きな山は作らないものの、常にずっとじわりじわりと一定の人気がある・・・という時計です。

実は、最初は「アンティーク」だけだったのですが、その後、各カラーも追加されました。

その後、「Rebel:メタルブラック」テレビドラマで2度ほど使われたりしましたが、そんなことも関係なく、ジワリジワリとしています。

この時計で様々な試みもありました

そういえば、「すべてのパーツの色をお客さんの手元で組み合わせる」というような試みをしたのも、この「Rebel」でした。
今ではやめてしまいましたが、ああいう試みも面白かったかもしれません。

あと2017年には、このRebelをバングル型にした「Rebelバングル」も実験品として数量限定で販売しました。
かなりカッコよかったのですが、とにかく、時計自体が高いのに、それをバングル型にする、お値段最高潮という試みだったのですが、本当にありがたいことに完売して、とても励みになりました。

「Rebel」シリーズをオンラインストアで見る デザイン帳に戻る