くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

Apatche

Apatche:バングルウォッチ:ゴツメの手縫い本革バングルの腕時計:半球レンズと普通レンズが選べます

Apatche

私達のバングルウォッチの中でもトップの人気を誇るロングセラーの腕時計です

バングルウォッチの代表作

「Apatche」シリーズは「無者時計」シリーズと並ぶ、私達のバングルウォッチの代表作のひとつで、ロングセラーの腕時計です。

この時計のためだけに

この時計のためだけに遠方からも訪れる方が多い「好きな人は本当に好き」という腕時計です。この時計を好きな方は「迷わず、この時計」というような、心を奪われる腕時計です。


「様々な嬉しい声をかけられる腕時計」です

Apatche:バングルウォッチ:腕につけた写真
Apatche:バングルウォッチ:腕につけた写真
Apatche:バングルウォッチ:腕につけた写真
Apatche:バングルウォッチ:腕につけた写真
Apatche:バングルウォッチ:腕につけた写真

遠方から、この時計のためだけに訪れる・・・、そんなことが本当に多い時計で、様々な嬉しい言葉を頂く腕時計です。
本革+手縫いのバングルは腕に馴染む雰囲気になりますので、さほどの違和感なくつけられると思います。
時計本体と、バングル、革ベルト、ステッチなど、腕時計を構成するパーツの折り重なりが、程よくバランスが取れていて、とても素敵な腕時計だと思います。


長袖を着た時に

バングルウォッチが懐中時計(フック付き時計)に

実は、Apatcheのこの形には「長袖を着た時に、袖から時計が顔を出すので、時間が分かる」という意味があります。


時計各部位の紹介

Apatche:写真
Apatche:文字盤と時計本体
Apatcheの側面から
Apatcheのゴツメの本革バングル

金属で立体的に仕上げた文字盤の時計を、インパクトのある手縫いの本革バングルに合わせました。本革バングルは、ピッチをやや細かく刻んだ手縫いのステッチを一針ひと針入れています。

「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革バングル」についてもっと詳しく >


「金属で立体的に仕上げた文字盤」

「金属で立体的に仕上げた文字盤」

文字盤は金属で加工したパーツを組み合わせ、立体的に仕上げています。
時計の針は見やすさを考え、白を採用しました。蓄光部分(明るいところで光を蓄え、暗いところでぼんやり光る)をつけています。ですが、蓄光部分の面積が小さいので、機能はあまり期待しないでください。


「ブラックシルバー」カラー

ブラックシルバーのバングル時計「Apatche」

今回、時計本体と文字盤は「ブラックシルバー」に仕上げました。
真っ黒では少し面白くないので、黒に近いグレーで、マット加工を行い、光沢を抑えつつも、少し光沢を残しています。


「半球レンズ」も選べます

Apatche:バングルウォッチ:半球レンズ
Apatche:バングルウォッチ:半球レンズ
Apatche:バングルウォッチ:通常レンズ

Apatcheは、有料オプションで「半球レンズ」も選ぶことができます。


「ずっと作り続けてきたバングルウォッチ」

ずっと作り続けてきたバングルウォッチ

はじめた頃から

「Apatche」シリーズは、くるき亭をはじめた頃からあった「ずっと作り続けてきた腕時計」です。
最初は「盾時計」という名前で、その時はすべて一点物だったのですが、作れば売れるというような人気の時計でした。

Apatcheへ

そんな「盾時計」ですが、定番化することになり、デザインをグレードアップすることになりました。
デザインコンセプトから考え直し、革の厚みを増したり、ステッチの入れ方を統一したり・・・等々を行い、形こそ、同じ範疇に入るといえ、全く別物の時計として生まれ変わりました。それがこの「Apatche」です。

今の「Apatche」

「Apatche」として生まれ変わってからも、常に新しくなってきました。
時計本体の変更、文字盤の変更などのデザインの変更はもちろん、革の厚みを増したり、縫いを変更したりの品質面までリニューアルを続け、現在の「Apatche」に至っています。


「手縫いの縫い」

手縫いの縫い

手縫いです

Apatcheは一針一針手縫いで縫い上げています。手間も時間もかかりますが、手縫いを採用しました。

縫いのピッチ

実はこの「Apatche」のバングルは少し縫いのピッチ(間隔)を変えています。
手縫いを採用する時には、手縫いの粗いステッチのワイルド感を出したい時が多いため、ピッチの間隔も広く取ることが多いです。しかし、このApatcheでは、通常よりも、少しだけピッチを細かく入れて縫っています。そのため、「ちょっと違うな」という独特の感じになっていると思います。(その分、縫う数が多くて大変です・・・)

縫い方の工夫

ステッチの入れ方や種類、数でかなり見た目が変わります。Apatcheでは「ベルトは一枚の革を二つ折りにして片側だけを手縫い」「バングル部分は厚めの1枚の革の縁を手縫い」「パーツ部分には入れない」というように、縫い方にも工夫をしています。


「この時計にピンと来たら、ぜひどうぞ」

オススメのバングルウォッチ

とても素敵な腕時計だと思います

「作るたびに惚れ惚れする」そんな腕時計の一つです。とても素敵な腕時計だと思います。

他とは違う腕時計だと思います

他の時計とは違う、とてもインパクトのあるデザインの腕時計だと思います。
時計本体、文字盤、本革バングル、どれひとつとっても、よくできたと思います。

ピンときたら、ぜひ

この時計がお好きな方には説明は必要ないかもしれません。Apatcheをご覧に来た方は「Apatcheを見に来ました」という方がほとんどで、最初から決めている方が多いです。ですので、もし、この時計にピンと来たら、ぜひご検討を頂ければと思います。

「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革バングル」についてもっと詳しく >