くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

Apatche:カラーバングル:アンティーク

Apatche:カラーバングルウォッチ:アンティーク:特別仕様バージョン

Apatche
カラーバングル
アンティーク

バングルウォッチ「Apatche」の特別仕様バージョン:アンティーク

Apatcheの特別バージョン

「Apatche」シリーズの特別仕様バージョンとして制作をした腕時計です。特別な腕時計のさらに特別なバージョン2種類のうちの1つです。アンティークバージョン。

渋いカラフル+ミシンステッチのバングル

渋く落ち着いたカラーに色分けされた本革バングル。手縫いの「Apatche」と違い、ミシン縫いのステッチを入れています。


特別な「Apatche:アンティーク」

ApatcheSB:バングルウォッチ:腕につけた写真
ApatcheSB:バングルウォッチ:腕につけた写真
ApatcheSB:バングルウォッチ:腕につけた写真

「Apatche」シリーズは、遠方から、この時計のためだけに訪れる・・・、そんなことが本当に多い時計で、私達の代表作のひとつでもあります。
そんなシリーズに特別なアレンジを加えたのが、この「Apatche:カラーバングル」。
その中で、アンティークの時計本体に合わせた渋いカラーで塗り分けているのが、この「Apatche:カラーバングル:アンティーク」です。


違う姿の「Apatche:アンティーク」

バングルウォッチ:ApatcheSB

この時計は「Apatche:アンティーク」のバングルをカラフルに塗り分けて、ミシンステッチを入れた「Apatcheカラーバングル:アンティーク」。
「Apatche:アンティーク」とカタチは全く同じですが、まるで別の時計のような違った雰囲気があります。


「渋いカラーで塗り分けたバングル」

「渋いカラーで塗り分けたバングル」

鮮やかだけれども落ち着いている、そんなカラーバングルです。

カラフルなバングルウォッチ

渋いカラーでの色分け

アンティークの時計本体によく合う「渋いカラー」の本革バングル。

各色に塗り分けた後、さらに全体をグレーで塗り重ねています。
渋く、落ち着いたカラーになり、大人のバングルになります。

カラフルなバングルはそれだけで敬遠しがちな方もいると思いますが、このカラーなら、大人の方でもお楽しみ頂けると思います。

色の重なり

バングル部分の色分け、そして、そこを通るベルト、それらの色の重なり合いが、バングルの立体感を際立たせ、独特の楽しさ・美しさを与えています。

「ミシン縫いステッチ」

ミシン縫いステッチ

Apatcheとは違う縫い

Apatche」では「手縫い」を、「Apatcheカラーバングル」シリーズでは「ミシン縫い」を採用することにしました。

これだけで、バングルのイメージがかなり変わります。

白色ステッチ

さらにステッチの色を白色にし、バングルや時計の色を明るめに見せています。

大人の渋いカラーに、白いミシンステッチが入り、洗練された印象を加えています。

バングル裏地

裏地は焦げ茶

裏地は一色。

アンティーク調のこの時計に合わせ、こげ茶色に仕上げています。

以前は「Apatche:カラーバングル」シリーズの裏地はグレーで統一されていたのですが、今回のリニューアルから、それぞれの時計にあった裏地に変更されました。


「通常レンズ」「半球レンズ」選べます

「Apatche:カラーバングル」も「通常レンズ」「半球レンズ(有料オプション)」を選ぶことができます。
ここまでに掲載した写真はすべて「半球レンズ」をつけたバージョンでしたので、ここでは「通常レンズ」の写真を紹介します。

「通常レンズ」バージョンを腕につけて

Apatcheアンティークカラーバングル:バングルウォッチ:通常レンズ
Apatche:アンティークカラーバングルウォッチ:通常レンズ
Apatche:アンティークカラーバングルウォッチ:通常レンズ

上は「通常レンズ」の「Apatche:カラーバングル:アンティーク」の写真です。
「通常レンズ」バージョンもなかなか素敵です。

curved-lens-watch
通常レンズはカーブレンズ

「通常レンズ」=「カーブレンズ」

「通常レンズ」という名前ですが、実は「通常レンズ」もカーブがついています。
つまり「カーブレンズ」です。

ハンドメイドで

この「通常レンズ(カーブレンズ)」もハンドメイドでひとつずつ制作をしています。

「半球レンズ」と「通常レンズ」はどっちが人気?

「半球レンズ」

apatche-semisphere

「通常レンズ」

apatche-curved

半球レンズオプションをつける方と、つけない方の割合はおおよそ半分半分くらいです。
なかなかお選びいただくのが難しいと思いますが、「どうせなら個性的な方を」「やはり半球レンズの方が時計に合っている」「どうせなら最高峰を」という方は「半球レンズ」を、「半球レンズだと高すぎるな」とか「あまり個性的すぎるのもな」「時計が見やすい方がいい」という方は通常レンズがオススメかなと思います。


2つのApatcheはどっちが人気?

Apatche:アンティーク

apatche-antique

「Apatche:アンティーク」。手縫いで縫い上げたバングルの基本の「Apatche」シリーズの1本。

Apatche:カラーバングル:アンティーク

apatche-antique-colorbangle

Apatche:カラーバングル:アンティーク」。「Apatche:アンティーク」の特別仕様バージョン。カラフルでミシン縫いステッチを入れたバングル。

基本のシリーズの1本「Apatche:アンティーク」と、特別仕様バージョンである「Apatche:カラーバングル:アンティーク」。
それぞれ人気がありますが、60%40%くらいで、基本の「Apatche:アンティーク」の方が人気です。
これにはもちろんお値段の違いなどもあると思いますが、今のところ、そんな感じです。


「Apatche:カラーバングル:アンティーク」

「Apatche:カラーバングル:アンティーク」
オススメのバングルウォッチ

ここにしかない組み合わせ

アンティークの時計本体、革バングルのカタチ、アンティークによく似合う渋いカラーの大人のカラフルなバングルなど、この時計はまさに「ここにしかない」の組み合わせの時計です。

一方、ベーシックな「Apatche:アンティーク」は、革の色をご自分で選ぶことができます。

お好きな革の色で制作をされた時計がいい場合はベーシックなApatcheシリーズを、ここにしかないカラーの組み合わせにピンと来た方は「カラーバングル」シリーズがいいかなと思います。

作るのは最高に大変な時計

Apatcheシリーズ」自体、制作が非常に大変な時計です。
両面銀面の二つ折りのベルト、厚めの一枚の革で作るバングル、曲面の多いデザイン、縫いの多さと複雑さ・・・。

その上、さらにこの特別仕様バージョンである「Apatche:カラーバングル」シリーズは、カラーの塗り分けをはじめ、工程がまた大きく増えます。
本当に制作が大変な時計ですが、出来上がると、惚れ惚れし、「制作してよかったな」と思う時計です。

この時計「Apatche:カラーバングル:アンティーク」の仕様を見る >
この時計の元になった時計「Apatche:アンティーク」を見る