くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

Daisanの眼

Daisanの目:眼型の不気味な時計ネックレス

Daisanの眼

目のカタチをした不気味でかわいい時計ネックレス

不気味な目型の時計

「時間を見ようと時計を見たら、時計が見ていた・・・」そんな不気味で可愛い時計ネックレスです。
実は、くるき亭の最初の頃からあります。

時計がじっと見ている

世の中には「目のグッズ」がいろいろありますが、どれもカワイイものが多かったので、もっとリアルな、少しゾッとするような、まるでそれだけで「生きている」ような時計を目指しました。


不気味に周りを見回す眼

時計ネックレス「daisanの眼」をつけて撮影した写真
時計ネックレス「daisanの眼」をつけて撮影した写真
時計ネックレス「daisanの眼」をつけて撮影した写真

時計ネックレスを女性がつけたところの写真です。
時計を見ていない間は、あなたと一緒に前を見ています。
首からさげるだけでなく、ポケットに入れたり、バッグにつけたり・・・という方も多いようです。


アタッチメントで腕時計にもなります

目の腕時計を腕につけて 不気味な眼型の腕時計

別売りのアタッチメントで腕時計にもできます。
これはこれで不気味でいいと思います。
もちろん、紐をほどけば、また、時計ネックレスに戻せます。


「Daisanの眼」の時計本体(目の形)

Daisanの眼:時計本体

時計本体、つまり、眼のカタチは全体的にふっくらとした印象に仕上げました。

ふっくらとした眼の時計のケース

まつげ

まつ毛があります。
まつ毛をつけることで、引っかかるリスクなどがあるのですが、ここはあえて、まつ毛はつけました。

引っかかりづらいように、先は丸めてありますが、お洋服などが引っかかるリスクはあります。

二重まぶたです

二重まぶたです。
パッチリさせました。

目尻

目尻の切り込みも入っています。

ふっくらとした形状の目

丸みを帯びたふっくらとしたフォルム

眼の全体は、ふっくらとしたフォルムにしました。

「単純に目であればいい」というのではなく、まるで「生きているような」生命力のある感じにしたかったと、雫をイメージしたフォルムにしたかったのと、ふっくらしていた方が可愛らしいので、このようにしました。

本体と革紐を繋ぐ部分

この時計本体と革紐をつなぐ部分がいつも悩ましいところで、「時計部分が目でも、革紐につなぐ部分は単なる金具」というのは、ちょっと面白くない・・・。

ということで、「目をつまんだような」感じで、目全体が雫のようなイメージにすることにしました。

カラーリング

しずくをイメージした半球レンズ

「魔除けの青」
「水の青」

ヨーロッパやエジプトなどで、よく見かける青の目型の魔除けのネックレスがあります。せっかくなら、それにあやかろうかなと思いました。

それと、まるで水の雫から生まれた目のような感じにしたかったので、水の青色ということから、「水色」にしようと決めました。

塗装です

光沢のない水色を金属に塗装しています。
普通の塗装ですので、塗装強度などは一般の商品と変わりません。


「瞳の文字盤」

第三の眼の文字盤

じっと醒めた眼

黒眼の大きさや瞳の形状、カラーなどによって、受け取る印象が変わってきます。

目指したのは、無表情でじっと醒めた眼で周りを見ているような目です。

光沢を抑えた下地

目指したのは、キラキラした目ではないため、下地は光沢を抑えたものを使用しました。

虹彩で目盛り

虹彩で目盛りを表しています。

グラデーション×型押し

瞳はグラデーションで仕上げ、目盛りなどは型押しで立体感を出しています。


フラットレンズ+蓄光の針

フラットレンズ

フラットレンズ

レンズをあまり目立たせたくなかったので、フラットレンズにしました。

蓄光針

小さい時計ですが、蓄光機能をもつ針を合わせました。黒一色では無くなりますので、ちょっとだけ見やすくなります。

小さい時計ということもあり、時計の針も小さいですから、蓄光部分はほんのわずかな面積のため、あまり機能は期待しないでください。


「瞳を閉じた」裏蓋

瞳を閉じた裏蓋

目を瞑っています

裏側は目をつむっています。

つまり、表は目を開けて起きていて、裏は目を閉じて眠っているというデザインです。

このまぶたの下に腕時計アタッチメントのベルトを通すことができます。

消墨色

目をつむっているので、裏蓋は闇にしました。
消墨色という日本の伝統色で塗装をしています。


本革の革紐

本革の革紐

革紐

革紐は、本革に、マット加工を施し、光沢を抑え、その上で、特殊な染め方をし、ムラのある柔らかい黒色に。

触り心地の面でも、ハリと柔らかさを併せ持つ、心地良い革紐です。

サイズ調整

時計の上に見える革の結び目をスライドさせることで、サイズの調節が出来ます。

革紐の長さは全長85センチです。
結び目があり、2つに折り曲げるので、吊り下げると40センチ位の長さになります。

※ 革紐は今回この色の一種類のみとなります。革紐を取って、穴に通せば、お持ちのチェーンや紐などに付け替えてご利用も出来ます。本体のみの販売は行っていません。


「Daisanの眼」

Daisanの眼:時計ネックレス
Daisanの眼:腕時計

実はずっとあった時計です

実は、目のカタチをした時計は、くるき亭の最初の頃からあった時計でした。

それからずっとリニューアルのための構想を練っていて、そして、できることが増えてきたことで、この時計の制作ができました。

いい時計ができたと思います

最初の構想通りの時計ができたと思います。

また、出来上がってみて、いい時計ができたと思います。自信作のひとつです。

面白い時計だと思います

自分がつけていると、時計を見るたびに「クスッ」とできる。

誰かがつけていると、「おおっ!」となる。

そんな面白い時計だと思います。
もし、気に入っていただけたら、とても嬉しいです。

この時計について、もっとさらに詳しくご覧になりませんか?
この時計についてもっとさらに詳しく >