くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

dropbangle

手塗りの本革バングル

“手塗りの本革バングル”

シンプルなアンティーク風の時計本体に、本革バングルを合わせました。


本革バングル

手塗り

各部位ごとに手塗りで色をつけています。

本革

本革を使用しています。
手塗りで色を入れることで、本革の良さと合わさり、さらに雰囲気のある、ムラのある、自然な色になります。

革ミシンステッチ

手縫いだとハンドメイド感が強すぎてしまうので、ミシンステッチを採用しました。


以前から変わったところ

以前との比較

しっかりしました

以前よりも各部分の革の幅等をアップさせることで、強度が増しました。

以前のドロップバングルは少しはかない雰囲気(dropという時計がそういうコンセプトだったので)で、ハンドメイド感溢れる感じでしたが、今回のドロップバングルは、ドロップバングル単体としてデザインを考え直しました。ハンドメイド感は残しつつも、「しっかりしたな」という感じです。

ステッチが入りました

ミシンステッチを入れました。

その他もろもろ

その他、時計と本体をつなぐ部分、バングルのちょっとした部分等が色々と変わっています。
パッと見たときのデザインはあまり変わらないようにしつつも、新旧を並べてみると、「新しい方はすごくグレードアップしていますね」という感じになっています。


長袖からちょっぴりのぞきます

長袖からちょっぴりのぞきます

長袖だと・・・

長袖だと袖の長さにもよりますが、写真のような感じになります。


バングルを外すと「腕時計」にも

実は、バングル部分は取り外せます

実は、バングル部分は取り外すことができて、3重巻き(くらい)の腕時計になります。
気分に合わせてどうぞ。

取り外し方

バングルの取り外し方をご説明します・・・といっても、グルグル巻いてあるベルトをほどいて抜くだけです。

ベルトをほどく

取り外し方1

まずはバングルを留めているボタンを外し、グルグルと巻いてある革ベルトをほどきます。

ベルトをほどく2

取り外し方2

バングルに革が通っている部分がありますので、スルッと抜きます。

ベルトをほどく3

取り外し方2

最後まで抜けば外れます。


裏側はこんな感じ

バングル裏側

裏側も塗りが入っています

裏側も塗りが入っています。

金具はシート貼り

ベルトの金具はシート貼りしてあります。
サビ防止のためなので、そのままお使いいただくことをおすすめしますが、気に入らない場合はすぐに外れますので外してください。


注文が入ったら

以上で、バングルについては終了です。
バングルの制作は型(パターン)の制作=設計までは事前に行っておき、注文を頂くと、革のカットから、ご注文ごとに、毎回、1本1本制作しています。


革ベルトについてのご注意