くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

katikoti × apres

katikoti × apres:アンティークシルバー:アンティーク風の時計の集大成として制作したスリーアイのハンドメイドの腕時計

katikoti × apres

「katikoti」に「Pairo apres」の文字盤を合わせた特別コラボバージョンの腕時計

「katikoti」シリーズ

katikotiシリーズ:腕時計

katikoti」シリーズは、「原点のアンティーク風の時計を今、制作したらどうなるだろう?」という気持ちで「今までの集大成」として時計を作ったシリーズ。見た目はできるだけシンプルにし、その中に今までつちかったものを詰め込みました。

「Pairo apres」シリーズ

apresで一番人気の文字盤

「Pairo:初期の飛行機乗りの腕時計」の時代から少し後の時代の腕時計がコンセプトの少しレトロな雰囲気のハンドメイド感のある腕時計「Pairo apres」。
くるき亭の時計の中でもロングセラーの人気のある腕時計です。


「Pairo apres」の一番人気の文字盤

「Pairo apres」の一番人気の文字盤を採用

Pairo apres:アンティークシルバー」は、このシリーズの中で一番人気の腕時計でもあり、シリーズの代表作でもあります。
今回は、この一番人気の腕時計から文字盤を採用し、「katikoti」と合わせました。

「Pairo apres」シリーズを見る >


「katikoti:アンティークシルバー」の時計本体

「katikoti:アンティークシルバー」の時計本体

「katikoti」シリーズの時計本体は、重厚さと薄さをあわせ持つ、ベーシックなデザイン。
今までの時計作りで利用した「実際よりも薄く感じる」というような工夫を随所に施しています。
さらにその時計本体を時代を経たようなアンティークシルバーに仕上げています。

「katikoti」シリーズについてもっと知る >


腕につけて

腕時計「katikoti × apres:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti × apres:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti × apres:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真

写真はすべて男性がつけています。
やや大きめの直径約4.5センチの時計本体とベーシックなデザイン、さわやかで落ち着いたカラーの文字盤がとても素敵です。


Tシャツでも

腕時計「katikoti × apres:アンティークシルバー」をTシャツで腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti × apres:アンティークシルバー」をTシャツで腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti × apres:アンティークシルバー」をTシャツで腕につけて撮影した写真

Tシャツで腕につけた写真です。
Tシャツなどのラフな格好でも素敵です。


「Pairo apres」シリーズとの違い

この時計は文字盤は「Pairo apres:アンティークシルバー」、時計本体は「katikoti」になっていますので、文字盤以外は「katikoti」と同じです。
ですので、「katikoti」を見て頂ければ間違いないのですが、「Pairo apresとどちらにしようかな?」と迷われた方のために、少し気づきにくいかもしれない「Pairo apres」との違いについて説明したいと思います。

「フラットレンズ」

フラットレンズ

フラットレンズ

この「katikoti × apres」は、「フラットレンズ」を採用しています。

「Pairo apres」シリーズでは「カーブレンズ」を使用しています。

「カーブレンズ」は、ハンドメイドでカーブを作るので、レトロな雰囲気になり、また、ひとつひとつ微妙に異なり、自分だけの時計になるというメリットもあります。

一方で「katikoti」では「フラットレンズ」を使用しています。

フラットレンズの場合は加工はカットだけなので、均一です。

また、「フラットレンズ」は湾曲がないので、隅々まで文字盤が見えます。また、シャープな印象になり、都会的な雰囲気になるというメリットがあります。

「時計とベルトの留め方」

時計とベルトの留めかた

ベーシックな留めかた

「katikoti」シリーズは、ベーシックな、言ってみれば、普通の留め方(時計本体に取っ手がついていてベルトを固定する)になっています。

一方、「Pairo apres」は「ボルトとナット」で留められています。

「ボルトとナット」は、「初期から少し時代が経ったくらいの飛行機乗りの腕時計」というコンセプトのため使用していて、「時計本体の特徴的なデザイン」+「ハンドメイド感のあるデザイン」ということで、デザインとして人気もあるのですが、どうしても、時々、外れてしまう方がいます。

制作当初にコーティングを行っており、また、緩んだら締めるということをされている場合はまず大丈夫なのですが、そういったことは面倒なこともあり、どうしても外れてしまう方がいます。 この部分はベルト交換や電池交換のときに外れる必要があり、完全固定することができず、また、交換部品の初回無料送付なども行っていますが、「どうしても外れたくない」という方は、ボルトとナットではない時計の方がいいと思います。

そんなとき、そして「このApresのデザインがいいんだけど・・・」という場合、この「katikoti」シリーズとのコラボレーションの時計の方がオススメです。

「デザインの印象」

デザインの印象
※ 上が「katikoti × apres」下が「Pairo apres」

デザインコンセプトの違い

「分かりづらい違い」でもないのですが、意外とこの2つの時計は、デザインコンセプトが異なるので、受ける印象が結構違います。

「Pairo apres」シリーズは言ってみれば「前時代の飛行機乗りの腕時計」がコンセプトなので、「レトロ感」「ハンドメイド感」を重視しています。

一方で「katikoti」では「完成度」を重視しています。
「レトロ感」や「ハンドメイド感」はあまりありません。

ですので、「katikoti × apres」の方がカッチリとした時計をお好きな方向けで、「Pairo apres」の方はハンドメイド感・レトロ感のある時計をお好きな方向けだと思います。


「katikoti × apres」

recommend「katikoti × apres」という腕時計

「katikoti」シリーズは、当初、「Pairoシリーズのリニューアル」として、デザインが始まり、その後、全く別の時計としてデザインされることになりました。
そして、「katikoti」が完成したとき、その名残としてなにか出来ないかな?と考え、試しに「Pairo apres」の文字盤と合わせて見ると、これが惚れ惚れするほど、素敵な時計になりました。
迷った末に、一番人気の「Pairo apres:アンティークシルバー」の文字盤と、「katikoti」の時計を合わせて制作した一本をkatikoti発売の記念として出すことにしました。

発売した当初は、「もしかしたら、Apresよりも、こちらのコラボウォッチの方が人気になるかもしれない。そうしたら、Pairoは終売しようかな」と考えていましたが、意外にも逆に「Pairo apres」の方の人気がより高くなっているようです。
「Pairo」シリーズの独特の雰囲気は、微妙なバランスで成り立っているようで、リニューアルしようとしても出すのが非常に難しく、チャレンジしては失敗しているのですが、そういった偶然で生まれたような微妙なところが人気の秘密なのかもしれないなと感じています。

この時計の仕様を見る >
「katikoti」シリーズについてもっと見る >
「Pairo apres」をオンラインストアで見る >