くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

katikoti mini:アンティークピンクゴールド

アンティークピンクゴールドのスリーアイの一回り小さな腕時計

katikoti mini:
アンティーク
ピンクゴールド

アンティークピンクゴールドのスリーアイの一回り小さな腕時計

「katikoti mini」シリーズ

「アンティーク風の時計を今、制作したらどうなるだろう?」という気持ちから、ひとつの時計を作ることにしました。それがこの「katikoti」シリーズ。その中で一回り小さいサイズなのが、この「katikoti mini」シリーズです。

ピンクゴールドをアンティークに

ピンクゴールドに少しアンティーク加工を加え、独特の雰囲気にしました。
少し大人の雰囲気のピンクゴールドの腕時計です。


少し大人のピンク色の時計

腕時計「katikoti mini:アンティーク」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti mini:アンティーク」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti mini:アンティーク」を腕につけて撮影した写真

上は女性が腕につけた写真です。
ピカピカしたピンクではなく、少し光沢は残しながら、落ち着いた渋めのピンクです。


デザインは「ベーシック」に

シンプルでちょうどいい「時計本体」

シンプルでちょうどいい大きさの「時計本体」

ベーシックなデザイン

時計本体の形状はベーシックな丸型。
その中で、傾斜や角度、取っ手のカタチ等を工夫し、調整していくことで、「飽きが来ない」時計本体になっています。

ちょうどいい大きさ

こういったスリーアイ(時刻表示・曜日表示・日付表示)の時計で、このくらいの大きさの時計は意外と少ないと思います。小さすぎず、大きすぎず、そんなちょうどいい大きさです。

ちょうどいい厚み

小さめの時計本体に立体感のある文字盤や機械などを詰め込むので高く(厚く)なりがちですが、厚くなりすぎないような工夫や、薄く見えるような工夫を施し、しかし、あまり薄すぎない「ちょうどいい厚み」を目指しました。

ピンクゴールド+アンティーク加工

アンティーク加工したピンクゴールドの時計

ピンクゴールド

時計本体は一度ピンクゴールドに仕上げました。

アンティーク加工

そこに、アンティーク加工を行い、落ち着いたカラーにしました。

時計本体にはさらに傷や跡をつけることで、時代を経たような雰囲気に仕上げています。
これらがアンティークの雰囲気をわざとらしくないようにしています。それと同時にこれらのつき方には個体差が生まれるため、ひとつひとつの時計は、世界にひとつの時計となります。


「文字盤」

katikoti mini:アンティークピンク:スリーアイのハンドメイドの腕時計の文字盤

時計本体と同じく、文字盤もベーシックでニュートラルなデザイン。
そこにアンティーク+ピンクゴールドのカラーリングを行いました。

katikoti miniシリーズの立体感のある金属文字盤

細かい細工と立体感

「katikoti」よりも、一回り小さい一枚の金属板。その小さいスペースに細かい細工を行い、最大の立体感を感じられるように数々の工夫をしました。

日本語曜日表示

日本語表記の曜日表示は、画数が多く、しかし、一回り小さいミニサイズなのでさらに入れるところのスペースは小さく、もちろん金属板も薄い・・・ということで実現は難しいかと思われましたが、なんとか実現することができました。英語表記よりもパッと見るだけで分かりやすいです。

ニュートラルな印象に

「集大成」ということで、デザイン自体は、どこかに偏ったようなデザインはなるべくせず、ニュートラルなデザインにしました。
「Pairo mini」シリーズの文字盤を参考に、金属で制作をしました。

アンティークピンクゴールドの文字盤

ピンクゴールド

アンティーク

この時計は「ピンクゴールド」と「アンティーク加工をしたピンクゴールド」の2つのどちらにするか?迷いました。
「アンティークピンクゴールド」は、「ピンクゴールド」にさらにアンティーク加工を施したものです。

2つとも出そうか?という話もあったのですが、2つの時計を並べてみると、「アンティークピンクゴールド」の方が一見地味なのですが、ジワジワと良くなってきて、飽きがこなそうだということに全会一致で決まり、「アンティークピンクゴールド」だけを出すことになりました。

文字盤の「アンティークピンクゴールド」はあまり見たことがないような雰囲気だと思いますし、最初は少し違和感があるかもしれませんが、しばらくすると、「この時計、意外といいかも」となってくるのではないかと思います。

さらにアンティーク加工はひとつひとつ差異が生じるため、ひとつとして全く同じ時計にはなりません。まさに世界に一つの腕時計になります。

クラシック+蓄光の針

クラシック+蓄光の針

時計の針は、クラシックなデザインの針に蓄光塗料を追加しています。


裏蓋

katikoti miniの裏蓋

シンプルの中の工夫

時計の裏蓋もシンプルなデザイン。

ゆるやかなドーム型にするなどの工夫が施してあり、「時計をなるべく薄く見せる」「高さの調整」「腕の上で少し動くようにし、あまり密着させないようにする」などという大切な役目を果たしています。

日本の伝統色

裏蓋は日本の伝統色「消墨色」に塗装をしています。
裏蓋は腕に当たる部分なので、塗装を施しています。

※ 金具のカバーシート

写真にはありませんが、時計の納品時には金具にクッションシートを貼付しています。
金具の劣化防止用のカバーですので、そのままお使いいただくことをおすすめしますが、もし、気に入らない場合はすぐに剥がれます。


プレミアムな馬革のベルト

プレミアムピンクの馬革の両面銀面ベルト

高級感のある革

この高級感のある時計には、同じく高級感のある、このプレミアムな馬革のベルトがよく似合います。

柔らかい肌触りとテクスチャ

とても柔らかい肌触りの馬革です。肌触りが気持ちいい革です。

それだけではなく、本革ならではのシボなどのテクスチャがとても美しい革です。

両面銀面

そんな美しい革を贅沢に使用し、2枚重ねて縫い上げ、両面銀面(革の表面)のベルトに仕上げています。


「katikoti mini:アンティークピンクゴールド」

「katikoti mini:アンティークピンクゴールド」:レディース:シリーズ:こんな方にオススメの腕時計

「katikoti mini:アンティークピンクゴールド」は、少し変わった雰囲気の時計になりました。
「katikoti」シリーズをつらぬく「アンティーク」というコンセプトの中、ピンクゴールドでアンティークという、今までにない落ち着いた、独特の雰囲気をもつ時計を生み出すことができました。
「デザインを気に入った」「このカラーが気に入った」という方はもちろん、「ピンクが好きなんだけれども、あまりキラキラ・ピカピカしたピンクはいやだな」「他のどこにもないカラーの時計はないかな?」という方にもおすすめできると思います。

この時計の仕様を見る >