くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

katikoti × pairo mini

katikoti mini:アンティーク:アンティーク風の時計の集大成として制作したスリーアイのハンドメイドのレディース腕時計

katikoti mini
×
pairo mini

「katikoti mini」に「pairo mini」の一番人気の文字盤を合わせたコラボウォッチ

「katikoti mini」シリーズ

katikotimini

「アンティーク風の時計を今、制作したらどうなるだろう?」という気持ちで「今までの集大成」として時計を作ることにしました。それが「katikoti」シリーズです。その中で一回り小さいサイズがこの「katikoti mini」です。

「Pairo mini」シリーズ

pairomini

「Pairo apres」とのペアウォッチで一回り小さいサイズの「Pairo mini」シリーズ。女性パイロットをテーマにした計器をモチーフにしたデザインの腕時計です。


「Pairo mini」の一番人気の時計の文字盤

pairo mini:初期の女性パイロットの腕時計

Pairo mini:ピンクゴールド」は、「Pairo mini」シリーズの中で一番人気の腕時計。
この時計は、この「Pairo mini:ピンクゴールド」の文字盤を「katikoti mini」に合わせて制作しています。

「Pairo mini」シリーズを見る >


「katikoti mini:アンティークピンク」の時計本体

「katikoti×pairomini」の時計本体

時計本体は「katikoti mini:アンティークピンク」を選びました。
ピンクゴールドに、少しアンティーク加工を加えています。

ベーシックな「時計本体」

ちょうどいい「時計本体」

シンプルな形状

時計本体の形状はとてもシンプルな丸型。
その中で、傾斜や角度、取っ手のカタチ等を工夫し、調整していくことで、「飽きが来ない」時計本体になっています。

ちょうどいい大きさ

こういったスリーアイ(時刻表示・曜日表示・日付表示)の時計で、このくらいの大きさの時計は意外と少ないと思います。小さすぎず、大きすぎず、そんなちょうどいい大きさです。

ちょうどいい厚み

小さめの時計本体に立体感のある文字盤や機械などを詰め込むので高く(厚く)なりがちですが、厚くなりすぎないような工夫や、薄く見えるような工夫を施し、しかし、あまり薄すぎない「ちょうどいい厚み」を目指しました。


腕につけて見ると

腕時計「katikoti mini × pairo mini:アンティークピンク」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti mini × pairo mini:アンティークピンク」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti mini × pairo mini:アンティークピンク」を腕につけて撮影した写真

写真はすべて女性がつけています。
女性の腕時計というと、小さい時計が多く、この腕時計のような大きさは、小さすぎず大きすぎず、あまり見ないような、ちょうどいい大きさかもしれません。


「Pairo mini」シリーズとの違い

「Pairo miniとどちらにしようかな?」と迷われた方のために、少し気づきにくいかもしれない「Pairo mini」との違いについて説明したいと思います。

「フラットレンズ」

フラットレンズ

フラットレンズ

この「katikoti × pairo mini」は、「フラットレンズ」を採用しています。

「Pairo mini」シリーズでは「カーブレンズ」を使用しています。

「カーブレンズ」は、ハンドメイドでカーブを作るので、レトロな雰囲気になり、また、ひとつひとつ微妙に異なり、自分だけの時計になるというメリットもあります。

一方で「katikoti」では「フラットレンズ」を使用しています。

フラットレンズの場合は加工はカットだけなので、均一です。

また、「フラットレンズ」は湾曲がないので、隅々まで文字盤が見えます。また、シャープな印象になり、都会的な雰囲気になるというメリットがあります。

「時計とベルトの留め方」

時計とベルトの留めかた

ベーシックな留めかた

「katikoti」シリーズは、ベーシックな、言ってみれば、普通の留め方(時計本体に取っ手がついていてベルトを固定する)になっています。

一方、「Pairo mini」は「ボルトとナット」で留められています。

「ボルトとナット」は、「初期から少し時代が経ったくらいの飛行機乗りの腕時計」というコンセプトのため使用していて、「時計本体の特徴的なデザイン」+「ハンドメイド感のあるデザイン」ということで、デザインとして人気もあるのですが、どうしても、時々、外れてしまう方がいます。

制作当初にコーティングを行っており、また、緩んだら締めるということをされている場合はまず大丈夫なのですが、そういったことは面倒なこともあり、どうしても外れてしまう方がいます。 この部分はベルト交換や電池交換のときに外れる必要があり、完全固定することができず、また、交換部品の初回無料送付なども行っていますが、「どうしても外れたくない」という方は、ボルトとナットではない時計の方がいいと思います。

そんなとき、そして「このPairo miniのデザインがいいんだけど・・・」という場合、この「katikoti mini」シリーズとのコラボレーションの時計の方がいいかなと思います。

「デザインの印象」

2つの腕時計の比較
※ 上が「katikoti × pairo mini」下が「Pairo mini」

デザインコンセプトの違い

「分かりづらい違い」でもないのですが、意外とこの2つの時計は、デザインコンセプトが異なるので、受ける印象が結構違います。

「Pairo mini」シリーズは言ってみれば「前時代の飛行機乗りの腕時計」がコンセプトなので、「その時代の精一杯」を表現していて、「本当はピカピカにしたかったのだけれども、その当時はそれしか出来なかった」という感じにしています。

にじみ出る「レトロ感」「ハンドメイド感」という感じです。

一方で「katikoti mini」では、そうではなく、「完成度」があり、ベーシックであり、その上で「アンティークに加工した」という感じです。「本当はピカピカに出来たんだけれども、あえてアンティークにした」という感じです。

つまり、「Pairo mini」と「katikoti mini」はアプローチが逆ということになります。

ですので、そういったことが時計の雰囲気にも出ていて、「Pairo mini」の方が健気な印象を受け、こちらの「katikoti × pairo mini」の方が若干しっかりした大人の印象を受けるかなと思います。


「katikoti × pairo mini」

recommend「katikoti × pairo mini」という腕時計

「katikoti」シリーズは、当初、「Pairoシリーズのリニューアル」として、デザインが始まり、その後、全く別の時計としてデザインされることになりました。
それは「mini」シリーズも同様で、「katikoti mini」は「Pairo mini」のリニューアルとして、最初、企画されました。
「katikoti」シリーズが完成したとき、その名残としてなにか出来ないかな?と考え、今回、「Pairo mini」の一番人気の時計の文字盤と合わせて制作した時計を特別仕様バージョンとして出すことにしました。

この「katikoti × pairo mini」も素敵な腕時計で、組み立てたときは「Pairo miniは終売で、これだけでもいいかな」と思ったのですが、「Pairo mini」を並べて見てみると、「うーん、やっぱり、こっちはこっちで魅力がある・・・」ということになってしまいました。

「Pairo」シリーズの独特の雰囲気は、微妙なバランスで成り立っているようで、リニューアルしようとしても出すのが非常に難しく、チャレンジしては失敗しています。そういった偶然で生まれたような微妙なバランスが人気の秘密なのかもしれないなと感じています。

似ている2本ですが、それぞれ違った魅力があると思いますので、お好きな方をお楽しみ頂ければと思います。

この時計の仕様を見る >
「Pairo mini」をオンラインストアで見る >