くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

katikoti 四角

katikoti 四角形:アンティークシルバー:アンティーク風の時計の集大成として制作したスリーアイのハンドメイドの腕時計

katikoti 四角

アンティーク風の時計の集大成として制作したスリーアイで四角形の腕時計

「katikoti」シリーズ

katikoti」シリーズは、「原点のアンティーク風の時計を今、制作したらどうなるだろう?」という気持ちで「今までの集大成」として時計を作ったシリーズ。見た目はできるだけシンプルにし、その中に今までつちかったものを詰め込みました。

四角形 × アンティークシルバー

日本語表記の曜日表示、一枚の金属板の中で出すギリギリの立体感と細工の文字盤、時計本体と文字盤のアンティークシルバー加工、高級感のあるテクスチャをもつ肌触りのいいプレミアムな馬革ベルトはそのままに、四角形の腕時計を制作しました。


どんなシーンでも使いやすい腕時計

腕時計「katikoti四角:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti四角:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti四角:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真

「katikoti」と同じく、この四角形のkatikotiも、デザインはなるべくシンプルになるように製作をしています。どんなシーンでも使いやすい時計だと思います。


ラフな格好でも/女性が着けても

腕時計「katikoti四角:アンティークシルバー」を腕につけて撮影した写真
腕時計「katikoti四角:アンティークシルバー」を女性が腕につけて撮影した写真

四角形でも角が丸まっていて、少し底に向かって広がるデザインにもなっているので、ラフな格好でもいいと思います。
また、少し小さめの時計なので、上の写真のように女性がつけてもいいかなと思います。


デザインはシンプルに

シンプルなデザインの中に今までのすべてを入れた四角形の腕時計

「見た目はできるだけシンプルに」+「その中に今まで培ったものを入れていく」という「katikoti」シリーズの方針は、この「katikoti:四角」でも同じです。

>「katikoti」シリーズについて、詳しく見る


角丸でコロッとした「時計本体」

角丸でコロッとした「時計本体」

シンプルな形状

時計本体の形状はシンプル。
しかし、同じ四角形でも角の丸め方や角度、傾斜などによって、様々に印象を変えます。

コンパクトなサイズ

直径約3.5センチと小さすぎず、大きすぎず、コンパクトなサイズにしました。

コロッとしたカタチ

丸型と異なり、四角は時計本体に少し高さをもたせるようにし、コロッとした印象に仕上げました。


「アンティークシルバー」

アンティークシルバー

アンティークシルバー

アンティークシルバーに仕上げました。
メタリックなざらつきと深みのあるアンティークシルバーは、時代を経たような雰囲気であるだけでなく、都会的な雰囲気も併せ持ちます。
この色を作れるようになったことは非常に思い出深く、今回は集大成ということで、この色を採用しました。

時代を経たような雰囲気に

時計本体にはさらに傷や跡をつけることで、時代を経たような雰囲気に仕上げています。
これらがアンティークの雰囲気をわざとらしくないようにしています。それと同時にこれらのつき方には個体差が生まれるため、世界にひとつの時計となる要因となります。


「文字盤」

katikoti:アンティークシルバー:アンティーク風の時計の集大成として制作したスリーアイのハンドメイドの四角形の角丸の腕時計

文字盤もできるだけベーシックなデザイン。一枚の金属板に金属細工で立体的に表現しました。
この時計の文字盤は、「katikoti」はもちろん、一回り小さい「katikoti mini」よりも曜日表示・日付表示のスペースが小さく、一番実現が大変な文字盤でした。
上の写真は針や機械を組み込む前の状態です。文字盤をよくご覧頂けると思います。

katikotiの立体感のある四角形の金属文字盤

立体感

時計はコロッとしていますが、それでも「なるべく薄く」ということで、文字盤は一枚の金属板で制作をしています。
その中で「一見、低いところも実は高い」「隣り合ったところの高低差」「立体感を感じるようにする盛り上げ方」等々、様々な試みを利用して、最大の立体感が感じられるようにしています。

日本語曜日表示

日本語表記の曜日表示は、画数が多く、しかし、入れるところのスペースはなんと「katikoti mini」よりも小さい・・・ということで実現をするのに大変苦労しました。まさに穴のあくかあかないかのギリギリの高さ調節をしながら、そして、立体感と視認性が両立するように四角錐台のようにするなどの工夫を取り入れるなど、何度も試行錯誤をして実現をしました。

ニュートラルな印象

「集大成」なので、どこかに偏ったようなデザインはなるべくせず、ニュートラルなデザインにしました。
くるき亭の今までの代表作のひとつでもある「rot」シリーズの文字盤を参考に、金属で制作をしました。

深みを増したアンティークシルバーの文字盤

深みを増した
アンティークシルバー

仕上げは、時計本体と同じアンティークシルバーですが、文字盤の方がより深みとアンティーク感を感じると思います。

文字盤の高低差とアンティークシルバーの濃淡が合わさり、また、時計本体との色の差も加わり、時計自体に深みを与えています。

クラシック+蓄光の針

アンティークシルバーという、ダーク一色の時計なので、時計の針はクラシックながらも、蓄光部分をプラスすることで、反対の色を足し、時間を見やすくしました。


裏蓋

katikotiの裏蓋

日本の伝統色

裏蓋は日本の伝統色「消墨色」に塗装をしています。
裏蓋は腕に当たる部分なので、塗装を施しています。

緩やかなカーブ

写真では平坦に見えますが、裏蓋はゆるやかに湾曲しています。
これによって、時計自体の見た目の高さをあまり感じずに高さを確保する一方、腕に当たる面積を少なく、また、動きを与えることで密着しづらくしています。

金具カバー

写真で革ベルトについているスポンジみたいに見えるものは、金具カバーです。
金具の劣化防止のためなので、そのままご使用になることをオススメしますが、気に入らない場合はすぐに剥がせます。


プレミアムな馬革のベルト

プレミアムな馬革の両面銀面ベルト

高級感のある革

この高級感のある時計には、同じく高級感のある、このプレミアムな馬革のベルトがよく似合います。

柔らかい肌触り

とても柔らかい肌触りの馬革です。肌触りが気持ちいい革です。

美しいテクスチャ

単なるカラーではなく、本革ならではのシボ・シワ等のテクスチャがとても美しい革です。その革を使用したベルトはもちろんとても美しく仕上がります。

両面銀面

そんな美しい革を贅沢に使用し、2枚重ねて縫い上げ、両面銀面(革の表面)のベルトに仕上げています。

丸穴

「katikoti:四角」はベルトの穴は丸穴にしました。


「katikoti:四角:アンティークシルバー」

katikoti:四角:アンティークシルバー」:こんな方にオススメの腕時計

「katikoti」は、私達の今までのひとつの集大成の時計という手前勝手なコンセプトで制作をしましたが、デザインは「できるだけシンプルに」「できるだけニュートラルに」ということで制作をしました。
結果的に幅広い方にオススメできる時計になっていると思います。
「個性的すぎない時計で、でもちょっと普通とは違う時計が欲しい」「四角の時計でコンパクトな時計はないかな?」「四角形でクールな時計が欲しい」「rotよりもメタリックな感じがいい」というような方にオススメできると思います。

この時計の仕様を見る >
「katikoti」シリーズについてもっと見る >