くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

無者時計レザク

贅沢に本革を使用し、手縫いで縫い上げた本革バングル

“贅沢に本革を使用し、手縫いで縫い上げた本革バングル”

無者時計レザクのバングルについて、詳しく見ていきます。


バングルの形としては「ベーシック」

ベーシックな形の手縫いの本革バングル

ベーシックなカタチ

バングルの形自体としては一見ベーシックな形です。幅の広さ等は何度もサンプル制作を繰り返し、決定しました。

そのカタチの中の存在感

そのベーシックな形にも関わらず、このバングルを特別な存在感にしているのは、革をふんだんに使用した両面銀面の仕様、革の折返しや手縫いのステッチ等々の数々のデザインの工夫、そして、使う革の量、工程の量、かかる手間と時間の量です。


特別な存在感の理由

このバングルウォッチの特別な存在感の理由

本革+手塗り

本革、そして、手塗りで色を入れることで、本革の良さと合わさり、さらに雰囲気のある、ムラのある、自然な色になります。腕によく合うバングルになります。

本革と工程の量

革の使用量とパーツの数、工程の数など、すべてが非常に多く、手間と時間が掛かるバングル。それらがこのバングルを特別にするひとつです。

銀面仕上げ

これだけの幅のバングルにかかわらず、革をふんだんに使用し、バングル本体部分は各パーツを除き、全面銀面(革の表面)に。ベルト部分も両面銀面です。

黒系の手縫いステッチ

黒系の糸を使用し、手縫いで縫い上げています。
手縫いのワイルドな雰囲気が黒系の糸によって適度に抑えられ、クールな仕上がりになっています。
バングル部分だけでなく、ベルトの先にいたるまで縫いを入れています。


バングルは着せ替えできます

バングルは着せ替えできます

本体のページでもお伝えしましたが、バングル部分は時計本体部分と分離できます。
ですので、バングル交換のときは着せ替えバングルを取り替えるだけで大丈夫です。


「一番制作が大変な時計です。」

「一番制作が大変なバングルです。」

制作が一番大変な時計

無者時計レザクは制作が一番大変な時計です。

とにかく、工程とパーツの数が多いので、手間も時間も非常にかかります。
また、制作自体も難しい箇所があり、難易度も高いです。
それに加えて、手縫いなので、また、ベルトの先まで縫いが入っていて、縫う箇所も多いため、縫っている時間が永遠に感じられるほどです。

ですので、制作するときに「ああ、どうして、こういうデザインにしてしまったのかな。もう少し簡単にしておけばよかったな・・・」と心が折れそうになることがあるのですが、出来上がってみると、「ああ、こういうデザインにして良かったな。苦労して作った甲斐がある時計だな・・・」という気持ちになる、そんな時計です。


本革を贅沢に使用

本革を贅沢に使用

本革を贅沢に使用

無者時計レザクのバングルは、本革を贅沢に使用しています。

これだけの大きさの革バングルなので、そもそも革を多く使うのですが、それに加えて、ベルトまで含めて両面を銀面にする仕上げや各パーツの革の構成など、惜しみなく革をたくさん使用するような作りになっています。

通常、「これ以上、革を使用すると、かなり高価になってしまうから」というような心配をしながら、デザインを変えたりすることもあるのですが、この時計は「最初にデザインした理想のバングルウォッチ」を作るというコンセプトだったので、「一度、そういったことに目をつぶって、とりあえず作ってみよう」と制作してみました。

制作が終わり、今までの無者時計と並べてみると、「これは無者時計レザクが圧倒的に良い」ということになり、お値段は高価になり、作るのも大変ですが、販売を開始しました。
お客さんも、無者時計シリーズの中で一番高価なこの無者時計レザクをお選びになる方が多く、今はこの「無者時計レザク」のみになりました。


手縫いで縫い上げたバングル

手縫いで縫い上げたバングル

手縫いを選んだ理由

「手縫い」というと、その言葉の響きから「ああ、大変なんだろうな」と思う方が多いと思います。
実際に、手縫いの作品は非常に高価ですし、手縫いの作品自体もあまり数が多くありません。

一度、縫いの穴を開け、そこを一針一針、手縫いで縫い上げていくというのは、確かに大変です。

しかし、ミシン縫いのステッチと違い、手縫いの独特の雰囲気、ワイルドさなどは代えがたいものがあります。
例えば、この無者時計レザクをミシン縫いで縫い上げた場合、その印象は大きく変わってしまいます。

この「無者時計レザク」はその手縫いのステッチをバングルだけでなく、ベルト部分まで入れてあります。


金具・パーツ配置

本革を贅沢に使用

レザクのバングルは「どこから見ても、ほどよく楽しめる」と思います。説明しづらいですが、パーツが詰まりすぎず、余白が空きすぎず、眼を喜ばせるような配置を心がけています。

こういった大きなバングルの場合、余白が空きすぎると、のっぺりと見えて、かっこよくないですし、飽きが来るのが早くなってしまいます。
それとは逆に色々詰め込んでしまった場合、ごちゃごちゃとうるさく感じ、見るのが嫌になってしまいます。

このバングルが「ちょうどいい」のは、「パーツは単なる飾りではなく、役目をもたせていること(役目のないパーツを配置しないこと)」「革をふんだんに使い、パーツが貧弱ではないこと」「金具などをあえてワイルドさを残して打ち付けていること」が理由だと思います。


私達の理想のバングルウォッチのひとつです

私達の理想のバングルウォッチのひとつです

無者時計レザクは、私達の考える理想のバングルウォッチのひとつです。
時計を着けるのも簡単ですし、その大きさ、デザイン等々、本当によくできたと思います。


革ベルトについてのご注意