くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

無者時計レザク

オリジナルデザインの腕時計「無者時計レザク」の時計本体について

無者時計レザクの時計本体について、詳しく見ていきます。


「無者時計レザク」の「時計本体」のデザイン

無者時計レザクの八角形に丸文字盤の時計ケース

金棒をイメージした本体

金棒をイメージした八角形に、丸い窓がついた時計本体。 その形状の中に、様々なこだわりを詰め込んでいます。

様々な形状が組み合わさっています

八角形のベースから丸い部分を盛り上げた本体形状、時計とベルトをつなぐ部分の金具の土台は8角形で金具部分は四角形等々、様々な形状が組み合わさっています。


八角形に丸文字盤の時計ケース

様々なカタチをひとつに

一見、ただの八角形のカタチの中に、様々な形状が組み合わさっているのが見て取れると思います。

正面から見ると、金棒を模した一部のような線は、時計の目盛りの役目も果たしています。
各パーツも、八角形から四角形が出ていたり・・・等々、デザインが統一されています。

また、文字盤に向けて盛り上がった円形(ドーム型)は丸みを帯び、見た目のデザインだけではなく、時計自体の高さを確保する役目も担いながら、時計全体を薄く見せる役目も果たしています。

フラットレンズ

レンズはフラットレンズを採用しました。文字盤が隅々まで見やすいのと、時計本体のデザインにカーブを加える必要がないと思ったためです。


懐中時計(フック付き時計)にもなります

懐中時計(フック付き時計)にもなります

時計は取り外せます

時計はバングル部分から取り外しができて、単体でフック付きの時計になります。

実際にこの形でお使い頂くかどうかは別として、チェーンを飾りのためだけにつけるというようなことをしないように・・・ということが、くるき亭のひとつの考えでもあるのと、後述するように、これにより、バングル交換が楽にあるというメリットもあります。

バングルが着せ替えに

これにより、バングル部分がきせかえ可能になります。

革交換がしたくなったときに、わざわざ時計をお送り頂かなくても、着せ替えバングルをご購入頂くだけで大丈夫です。


少し光沢を残した「ダークシルバー」

少し光沢を残した「ダークシルバー」の腕時計

時計本体のコンセプトが金棒ということで、黒に近い、深みのある、少しメタリックなグレーに仕上げました。

しかし、あまりピカピカ光沢のあるカラーは、本革に、この時計の雰囲気に合わないかなと思いますが、あまり光沢を抑えすぎると、メタリック感が無くなってしまい、金棒ではなくなってしまいますので、ほどよく抑えめに、光沢を抑える処理をし、少しメタリック感を残して仕上げています。


「無者時計レザク」の「時計本体」の制作

ラフデザイン

ラフデザイン

ラフデザインです。レザクの場合、最初にデザインした無者時計を元にラフデザインを行いました。

デザイン(設計)

デザイン設計

今度は「時計として動く」「実際にどう実現するか?」と、寸法や角度などをつけ設計していきます。どのくらいの角度をつけるか?等々の細部で見た目がかなり変わっていきます。

CGも利用します

cg

この時計は少し複雑な形状で、細かい調整が必要なので、CGも利用して仕上がりを確認しながら、デザインを行います。

造形と手直し

造形

いよいよ造形をしていきます。実際にこの世に物体が生まれるのですが、設計図通りでも実物を見るととちょっと違うということがあるので、手直しをして、また作り・・・という繰り返しです。

造形の完成

造形完成

時計本体の造形が完成です。この時点ではまだ金属がむき出しです。

カラーリング

カラー

カラーリングを行います。まず、メッキ加工で黒に近いシルバーに仕上げます。その後、マット加工を行って、光沢を抑えます。

チェーンづくり

チェーン

チェーンを完成させます。フックを取り付けます。

時計に鎖取付

鎖取り付け

チェーンを時計本体に取り付けます。

時計本体の完成

仕上げ

あとは少し仕上げ処理を行えば、時計本体の準備が整います。


「旧漢字表記」「型押し仕上げ」の文字盤

「旧漢字表記」「型押し仕上げ」の文字盤

手描きの旧漢字表記

文字盤のインデックスには、手描きで描いた旧漢字表記。

型押し仕上げ

ただ描いただけでなく、型押し仕上げをし、少し立体感を出しています。

蓄光のシンプルな針

キリッとしたシンプルなデザインの針を合わせました。明るいところで光を蓄え、暗いところで光る蓄光機能付きです。

「無者時計レザク」の「文字盤」の制作

ラフデザイン

ラフデザイン

まずは文字盤だけのラフデザインを描きます。

デザイン(設計)

デザイン設計

今回は手描きの文字をそのまま使用するので、タブレットで描き直し、データ化します。

サンプル製作

サンプル製作

カラーなどを何種類か制作し、型押しをせずにサンプル製作をし、制作するデザインを決定します。

型押しデータ作成

型押しデータ作成

型押し部分は、別に型を作る必要があるので、型押し部分だけのデータを作ります。赤い部分が型押し部分です。

文字盤データ決定

文字盤上部完成

デザイン、色の指定、型押し部分や高さなどの型押しデータ指定が決まれば、データの完成です。

造形の完成

文字盤上部完成

データに基づいて、印刷→型押しを行い、カットをすれば、文字盤の上部の完成です。

文字盤の制作

仕上げ

下地と組み合わせて文字盤を制作します。これで文字盤の準備ができました。


無者時計レザクの「裏蓋」

無者時計レザクの「裏蓋」

裏蓋は消墨色に仕上げています。ネジ止めです。
普段はバングルで隠れてしまいます。


時計の組み立て

ここまでで時計本体のパーツが揃ったことになります。
ここから、時計を組み立てていきます。

時計の組み立て(各時計共通項目)を見る

レンズ取り付け

レンズ取り付け

時計本体にレンズを取り付けます。
レンズのカーブ具合や本体の形状などによって、付け方やコツ、注意点が色々。原則的に一回でつけないとダメな作業です。時計ごとに、塗装ごとに、付け方・工程数・手順が変わります。時計本体も微妙にひとつずつ異なるので、調整して作業します。

文字盤の組立・仕上げ

文字盤の組立

文字盤を組立用に組み立てたり、仕上げをしたりします。素材により、デザインにより、時計により異なり、時計本体の微妙な形状の違いも調整して、文字盤を組み立てます。

ムーブメントの準備

ムーブ準備

ムーブメントの準備をします。
時計ごとに使うムーブメントが異なります。

文字盤にセット

文字盤セット

準備をしたムーブメントを文字盤にセットします。

針乗せ

針のせ

時計の針を乗せます。
時計に命を吹き込む作業です。

湿気取り

湿気取り

組み立てをする部屋全体の湿気の管理をしていますが、ここで一度、さらに湿気の少ないところに入れて湿気をとります。季節や湿度、時計によってこの工程の時間は変わります。

時計の組み立て

組立

時計本体に文字盤を組み込んで、内部の部品をすべて入れます。裏蓋はまだ閉じません。

水回り等の処理

水回り処理

リューズの外と中などにプラスの防水のための処置をしたり、今までの制作の中で培った仕上げをします。

湿気取り

湿気取り

組み立てをする部屋全体の湿気の管理をしていますが、また、ここで再度、さらに湿気の少ないところに入れて湿気をとります。

裏蓋を閉じる

裏蓋とじ

裏蓋を閉じます。裏蓋にも水回りの処理を行います。

時計本体完成!

ここまで来たら、時計の本体が完成です。

テスト

テスト

各種のテストを行います。無事に合格したら、時計本体の準備は完了です。


注文が入ったら

以上で、時計本体の制作は終了です。
原型の製作(カラーリング)までは、事前に行っておくことが多いですが、その後の制作は、ご注文を受けてから行うことが多いです。
つまり、注文をいただいたら、毎回、注文ごとに、このような工程を行って、制作をしています。
ということで、ここまでで時計本体が完成しました。
次はベルトの制作に入っていくことになります。

ベルトの制作を見る >