くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

無者時計レザク:アンティーク

無者時計レザク:アンティーク:八角形のアンティーク風の時計本体×旧漢字表記の文字盤×本革のゴツメのバングルの腕時計

バングルウォッチの代表作

「無者時計」シリーズは私達のバングルウォッチの代表作のひとつです。
最初の「無者時計」から、テレビに使用されたり、映画に使用されたりしながら、制作を続け、たどり着いた最高峰の「無者時計レザク」。
この時計はそんな「無者時計レザク」シリーズの一つです。

そのバングルウォッチをアンティーク風に

本革を惜しみなく使用し、手縫いですべての部位を縫い上げた非常に贅沢な革バングル、八角形の時計本体、旧漢字表記の文字盤など、無者時計レザクの特徴はそのままに、時計本体をアンティーク風に仕上げたのがこの腕時計です。


「無者時計レザク:アンティーク」を腕につけて

ゴツメのバングルウォッチの「無者時計レザク:アンティーク」を腕につけて
贅沢な本革バングルウォッチの「無者時計レザク:アンティーク」を腕につけて
バングルウォッチの「無者時計レザク:アンティーク」を腕につけて
バングルウォッチの「無者時計レザク:アンティーク」を腕につけて

上は男性が腕につけた写真です。
男性はもちろんですが、実は女性のお客さんにも人気があります。
アンティーク色は腕によく馴染みます。本革と合わさり、とても肌の色に馴染む腕時計になりますので、その時計の存在感の割に、自然に見えていると思います。


懐中時計(フック付き時計)にも

バングルウォッチが懐中時計(フック付き時計)に

時計本体についた「鎖」は単なる飾りではありません。
時計本体はバングルから取り外せて、懐中時計(フック付きの時計)にもなります。
また、これにより、バングル部分は着せ替えが可能になっていますので、革交換をしたいときも便利です。


時計各部位の紹介

無者時計レザク:アンティーク:写真
無者時計レザク:アンティーク:文字盤と時計本体
無者時計レザク:アンティークの側面から
アンティークの本革バングル

本革を惜しみなく使用し、手縫いですべての部位を縫い上げた全面銀面の贅沢なバングル
金棒を模した八角形の時計本体、蓄光機能つきの時計の針などの時計本体
などの特徴は「無者時計レザク」と全く同じです。

「時計本体」について「無者時計レザク」のページでもっと詳しく >
「本革バングル」について「無者時計レザク」のページでもっと詳しく >


「旧漢字表記+立体仕上げ」の文字盤を色違いで

「旧漢字表記+立体仕上げ」の文字盤:色違い

無者時計レザク」とは異なるカラーリングで、アンティークの時計本体に合わせています。
カラーリング以外の「オリジナルフォントの旧漢字表記」「型押しでの立体加工仕上げ」等、その他の特徴については、「無者時計レザク」の文字盤と共通です。


「アンティーク」仕上げ

アンティーク加工のバングル時計「無者時計レザク」

この時計本体は「アンティーク」に仕上げました。
時代を経たようなアンティークな雰囲気は、金属を腐食させて磨くことで制作しています。
そのため、色やムラや傷の付き方等、偶然に左右される部分も多いため、他のカラーよりも個体差が大きくなります。
しかし、それは逆にいえば、まさに「世界にひとつ」が欲しい方にはオススメの仕上げとも言えます。


「アンティーク仕上げ」×「本革」は腕によく馴染みます

アンティーク×本革の腕時計はよく腕に馴染みます。

アンティーク仕上げの良さ

時代を経たようなアンティークカラーは、腕の色とよく馴染みます。

アンティークカラーをお好みの方はもちろん、「あまり、腕時計腕時計していない方がいいな」「バングルと腕時計に一体感がある方がいいな」という方にオススメです。

また、アンティーク仕上げは金属そのままなので個体差が大きい上に、経年変化も楽しめます。
「どうせなら、世界に一つの腕時計の方がいいな」という方にもピッタリです。

本革×手縫いの贅沢なバングル

なかなか「本革」「手縫い」というバングルはその手間とお値段の問題で少ないです。それに加えて、このレザクのバングルは革をふんだんに使用し、バングル部分は全面銀面、ベルト部分のメインも両面銀面になっています。

そうして作った革バングルは、腕によく馴染んで見えます。
「つけていてわざとらしいバングルウォッチは嫌だな」という方にはピッタリだと思います。


「制作するのが本当に大変な時計です」

制作するのが本当に大変な時計です

贅沢に革を使用しています

贅沢に本革を使用しているため、とにかく革の量を使います。
パーツの数も多いため、カットするのも一苦労です。

すべて手縫い

一針一針すべて手縫いで縫い上げています。
手縫いだからこその粗いワイルド感が出るのですが、やっぱり大変です。

工程の数と難易度

工程の数の多さ、制作の難易度も大変さの要因です。
「ここの工程がダメだったらやり直し」という箇所が何個も潜んでいるため、作る度に緊張します。

そんな「本革バングル」について「無者時計レザク」のページでもっと詳しく >


腕に馴染む「バングルウォッチ」を欲しい方にオススメ

腕に馴染むバングルウォッチを欲しい方にオススメできます

カタチとしてはベーシック

見た目のインパクトがありますが、実は、バングル自体のカタチとしてはベーシックなカタチです。

ですので、「バングルウォッチが欲しいけど・・・」「バングルだけだとアクセサリーだけだけど、時計もついていればいいな」という、はじめてバングルウォッチを買う方にもオススメできると思います。

腕に馴染むバングルウォッチ

バングルウォッチでよくあるのは「バングルは本革でも、時計本体はピカピカの銀色」「テカテカのバングル」というようなデザイン。

もし、そういったデザインに対し、「もうちょっと時計が目立たなければいいのに」とか「もう少しバングルの存在感がなくて、腕に馴染むデザインがいいのに」とお感じの場合は、くるき亭のバングルウォッチはピッタリかもしれません。

無者時計レザク」もそういった方にオススメできますが、この「無者時計レザク:アンティーク」はそんな方にさらにオススメできます。

本革そのものの自然な革バングルに、腕によく馴染む色のアンティークの時計を組み合わせたこの腕時計は、腕につけても、そのデザインの存在感の割に、それほど違和感がなく自然につけられると思います。

「時計本体」について「無者時計レザク」のページでもっと詳しく >
「本革バングル」について「無者時計レザク」のページでもっと詳しく >