くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

mocomini

mocomini:小さいサイズの半球レンズの腕時計

mocomini

「カラフルで楽しい個性的な船」をコンセプトにデザインした腕時計「mocoboat」の一回り小さいサイズの腕時計。
半球レンズのドーム型の本体、コンパスをイメージした文字盤、本革ベルトなどの特徴はそのままに少し雰囲気を変えて小さくなっています。

mocomini:カラフルな3色に塗り分けられたベルト
mocomini:ドーム型+半球レンズの時計本体
mocomini:カラフルな腕時計のバリエーション
mocominiとmocoboatの大きさ比較

mocoboat」の特徴はそのままに小さくなった「mocomini」ですが、単純に小さくなっているだけではありません。
0からデザインを描き、バランスを調整しながらデザインし直しました。
カラーバリエーションなども、小さい「mocomini」に合うように、制作をしました。


小さめのサイズ

小さいハンドメイドの半球レンズの時計を腕につけた写真
ハンドメイドの半球レンズの時計を腕につけた写真
レディースサイズのハンドメイドの半球レンズの時計を腕につけた写真
女性がハンドメイドの半球レンズの時計を腕につけた写真
半球レンズの腕時計
アンティーク風のハンドメイドの半球レンズの時計を腕につけた写真

写真は細身の女性がつけています。
小さめのサイズと、カラフルな時計本体、同じくカラフルでも落ち着いた本革ベルトがひとつになった、小さくてかわいい腕時計です。
カラフルな時計が好みでない方は、アンティークカラーバージョンもあります。


デザインの特徴

時計本体

半球レンズのドーム型の時計本体

半球レンズ

「mocoboat」シリーズといえば、半球レンズ。
ひとつひとつハンドメイドで作っています。

ドーム型の時計本体

その半球レンズをいかすように、時計本体はややドーム型の形状にしています。

「船」をテーマにデザインをしました。

mocoboat」と同じデザインですが、同じデザインに見えるように、バランスを調整したり等、もう一度、0から設計を行いました。

カラフルな時計文字盤

「文字盤」のデザイン

「文字盤」は、コンパスをモチーフにデザインをしました。

mocoboat」とペアウォッチなので、デザインは同じですが、時計本体と同じく、文字盤も様々な調整を行いました。

ペアウォッチとして「mocoboat」と「似ている」だけでなく、「mocoboat」よりもコンパクトにつまった(数字や余白をつめた)デザインにして、より小さい時計に合ったデザインにできたと思います。

小さい時計なので、細工などは「mocoboat」より大変でした。

カラフルな時計本体

「塗装」+「手塗り」

このカラフルな時計本体は、「金属」で時計本体を造形した後、「下地塗装」を行い、その後、「手塗り」を行って、実現しています。

その後、マット加工、仕上げ加工などを行い、仕上げています。

あまり見たことのない雰囲気のカラーの時計に仕上がったと思います。

時計本体についてもっと詳しく見る >

本革ベルト

カラフルな本革ベルト

カラフルな本革ベルト

カタチとしてはベーシックな革ベルト。
「航路」と「帆」をテーマにデザインをしました。

mocoboat」と同じく、色が変わる水をイメージし、3色に塗り分けたカラフルな本革ベルトです。
カラフルなのに落ち着いて見えるのは、本革の質感に加えて、明るい色は全体にグレーを仕上げで塗るなどの工夫を施しているからです。

ミシン縫いステッチ

帆をイメージし、手縫いで縫い上げた「mocoboat」に対し、こちらの「mocomini」はミシン縫いステッチを入れています。

両面銀面

2倍の幅の革を、片側で折り、縫い合わせています。
そのため、ベルトの表も裏も両方、革の表面(つるつるした面:銀面)になっています。

本革ベルトについてもっと詳しく見る >


「mocoboat」との大きさの比較

ペアウォッチの大きさ比較

mocoboat」と「mocomini」を比べると、上の写真のような感じです。
一回り小さいだけなのですが、高さなども小さくなるので、思った以上に、小さく感じるかもしれません。


カラーバリエーション

mocominiのカラーバリエーション

様々なカラーをご用意しました。
mocoboat」と同じカラーの時計本体の時計もありますので、「大小で同じカラーのペアウォッチを」ということもできます。
※ カラーバリエーションは変更したり、違うバージョンが「実験室」などに出ることもあります。

現在、販売中の「mocomini」シリーズを見る >