くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

Rebel

Rebel:ハンドメイドながら重厚でスピード感溢れる相反したデザインを詰め込んだスリーアイのオリジナル腕時計

Rebel

私達にとって、ひとつのベクトルにおける到達点と位置づける腕時計

オリジナルフォントの日本語による曜日表示の金属文字盤、蓄光の針、重厚な時計本体、スマートながら荒さと力強さを与える革ベルトなど、くるき亭の時計の中でのひとつのベクトルにおける完成形と位置づける腕時計です。

制作当時、「できるようになったことを全部詰め込んだ時計を作ってみよう」と制作した腕時計。時計本体・文字盤・革ベルトすべてにやれることを詰め込みました。いつもとは反対の方法でデザインをした時計です。


クールな腕時計「Rebel」を腕につけて
重厚な時計を腕につけて
ベーシックでクールなデザインの腕時計
スピード感のあるデザインの腕時計

上は男性が腕につけた写真です。
腕時計の形としてはベーシックなデザインです。


オリジナルフォントの多段立体の金属文字盤

オリジナルフォントの金属立体文字盤

「重厚」×「スピード感」
腕時計の側面
2枚の革を縫い合わせた本革ベルト

「各パーツすべてにチャレンジを詰め込んだデザイン」

各パーツごとにできることを「すべて詰め込もう」とデザインしました。
「オリジナルフォントの金属立体文字盤」「時計本体への目盛り追加」「曲線を織り交ぜた本体デザイン」「アンティークシルバーカラー」等々、様々なチャレンジが組み込まれています。
「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >


「重厚」×「スピード感」をコンセプトに

男性が腕時計「rebel」をつけた写真

重厚で厚めの時計本体に、曲線や角度、オリジナルフォントなどでスピード感をプラスしたデザインを加えることで、軽快な印象を加えています。
後述するように、いつもの作り方と反対の作り方だったため、デザインもいつもとは異なるテイストにしようと思いました。
「レトロ」ではなく「近代的な雰囲気」に、「ハンドメイドのはかない感じ」ではなく「重厚でどっしりとした感じ」に、「見た目が個性的に」ではなく「外見はなるべくベーシックに」・・・等々、いつもの私達の時計とは違う雰囲気に仕上がっていると思います。


「アンティークシルバー」カラー

アンティークシルバーの時計「Rebel」

時計のカラーは「アンティークシルバー」カラー。
時計本体も文字盤も同じカラーに仕上げました。
少しざらついたような加工のメタリックでダークなシルバーです。
ハンドメイド加工なので加工具合にムラが出ます。


「いつもとは反対のデザイン方法」

rebelの腕時計デザイン図

「いつもはデザインから」

くるき亭では時計を作るときはいつも「こんな時計が作りたいな」というようなデザインから始めます。このとき、「できるかどうか」とか「技術」をなるべく考えないことを心がけています。そして、いざ実現するという段階になって、様々な苦労をする・・・、その中からできることを増やしてきました。

「今、できることを詰め込んだら、どんな時計ができるだろう?」

そうした毎日の中で色々出来ることが増えてきたのですが、ある日、「今できることをすべてひとつの時計にまとめたら、どんな時計ができるだろう?」とふと思いついたのが、この「Rebel」のはじまりでした。

各パーツにできることを全部

というコンセプトから始まったRebel。そのため、例えば、時計本体なら「時計本体に目盛りを立体的につける」「様々な形状が組み合わさったデザイン」「材料をふんだんに使った重厚さ」「レンズの新しい取り付け方」等々、時計本体だけを取り上げても、それまでに他の時計で培った様々な出来ることを詰め込んでいます。

この時計のデザインの内容や作り方などについて、もっと詳しくご覧になりませんか?
「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >


「普通とは違う時計で、どっしりとしたクールな時計がいい」という方に

「rebel」のデザインコンセプト

重厚でベーシックなカタチ

普通とは違う時計を探しているけれども、「時計は重厚な方がいい」「ベーシックなカタチがいい」という方に。

ハンドメイドでも

ハンドメイドでは一番遠いデザインかもしれない、この「Rebel」。
「ハンドメイドでも重厚でクールなデザインの時計はないかな?」という方に。