くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

relick

relickの本革ベルト

relickの本革ベルト


ベーシックなカタチの本革ベルト

ベーシックな本革ベルト

ベーシックなカタチ

ベルトのカタチとしては「ベーシック」なカタチ。
そのデザインコンセプトから、「なるべくベーシック」にこだわりました。

ただ、単純にベーシックだけではつまらないので、下記のような様々な工夫を施すことで、「普通の時計とはどこか違う雰囲気」要素を足しました。

本革+手塗り

本革を使用しています。
さらに手塗りで色を入れることで、雰囲気のある、ムラのある、自然な色になります。

ミシン縫いステッチ

今回は手縫いではなく、ミシン縫いステッチを採用しました。
細かいステッチが繊細さを加えます。


ベーシックなデザインに加えたアクセント

ベーシックな本革ベルト

2枚の革を合わせています

2枚の革を合わせています。2枚の革を1つのベルトにして縫っています。

両面銀面

表も裏も銀面(革のオモテ面のツルツルした面)=両面銀面の高級仕様。

猫目のベルト穴

ベルトの穴は猫目。
珍しいカタチでアクセントをプラス。

アンティーク風のカシメ

時計全体のイメージにそったアンティーク調のカシメを使用。ベーシックなベルトにアンティークな雰囲気をプラスします。


relickの「本革ベルト」の制作風景

relickの本革ベルトの制作工程です。
だいたい、以下のような感じで作っています。
型(パターン)の制作までは事前に行っておき、注文を頂くと、3番目の革のカットから、ご注文ごとに、毎回、1本1本制作します。

デザイン

ラフデザイン

ラフデザインに基づいて、ベルトの詳細な設計を行います。relickはベーシックなデザインですが、革の特徴やアクセントをつけたり等々に合わせて設計します。

型取り

革ベルトのパターン制作

パターン(型)を作ります。つまり、パーツごとに断面図を作り、革をカットするときの設計図を作ります。

革のカット

革のカット

パターンに基づいて、革をカットしていきます。

手塗り

手塗り

手塗りで色を入れます。何度か塗り重ねるため、柔らかい印象のムラのある色になります。

ミシン縫い

ミシン縫い

2枚の革をあわせて縫います。今回はミシン縫いをします。カタカタカタカタ縫っていきます。

穴あけ等の作業

穴あけ作業

穴を開けたりなどの作業をします。革の横の処理などの仕上げもします。

パーツ付け等の作業

パーツ付け作業

最後に金具などの各パーツを取り付けます。


時計にベルトを取り付ける

ここまででベルトが出来上がりました。
あとは、時計本体にベルトを取り付けて、腕時計にします。


注文が入ったら

以上で、ベルトの制作は終了です。
型(パターン)の制作=設計までは事前に行っておき、注文を頂くと、上の手順の革のカットから、ご注文ごとに、毎回、1本1本制作しています。


革ベルトについてのご注意