くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

relick

relick_top

relick

遺物を探し、旅に出る、そんな考古学者をモチーフにした腕時計

「冒険する教授」がコンセプト

遺物を探し、旅に出る、そんな考古学者の腕時計をコンセプトにデザインをしました。ベーシックな形の中に、アクティブと知性を合わせ持ち、でも、どこかレトロで、美しさも感じる、そんな腕時計が出来たと思います。

ずっと作りたかった腕時計

「こういう腕時計を作りたい」とずっと考えていた時計でした。
色分けされた多段立体の文字盤、時計本体のデザイン、裏蓋の構造、革ベルトまで、デザインが出来てから実現が可能になるまで、長い時間を要した腕時計です。


どんなシーンでもOKな腕時計
個性的でもつけるとベーシック
机に置いてもいい腕時計

私達の中では色々と詰め込んでいるのですが、カタチとしては、シンプルでベーシックなデザインなので、どんなシーンでもつけやすいと思います。
そんなベーシックなカタチながら、一般の時計にはあまりないデザインで、どこか違う雰囲気を楽しめる腕時計になっていると思います。


「ほんの少し大きめ」

男性が腕時計「relick」をつけた写真
男性が腕時計「relick」をつけた写真2
女性が腕時計「relick」をつけた写真
女性が腕時計「relick」をつけた写真

本体直径約4センチと、普通の時計よりもちょっとだけ大きめです。


「思い描いていた時計そのものが出来たと思います」

思い描いていた時計そのものが出来たと思います
多段立体の文字盤
腕時計の側面
2枚の革を縫い合わせた本革ベルト

最初に思い描いていた腕時計をそのまま実現できたと思います。
多段立体の文字盤、時計本体のデザインと色味、ベーシックなデザインながら両面銀面の本革ベルト・・・など、ひとつも妥協することなく、制作ができた腕時計です。
「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >


「relick」のデザインの理由

relickの腕時計デザイン図

「木の上の小屋の研究拠点」

ドキュメンタリーや映画、テーマパークなどで時々見かけるような「木の上の小屋の研究拠点」のような場所、これがこの時計の端緒です。
そんな研究拠点で研究をする学者の腕時計をテーマに、時計を作ってみたいなと思い、デザインをしてみたら、とても素敵な時計ができそうでした。

なかなか作れませんでした

デザインはできたものの、今の私達の技術では作れませんでした。
デザインを気に入っていたので、「出来る範囲で作ろう」というよりは、「完全に再現できるまで作らない」と決めていたことも理由の一つでした。「この時計が作れるようにがんばろう」という感じで時期を待ちました。

本当にいい時計ができたと思います

制作にあたっては「時計の高さ(厚み)の問題」等々、理想の実現に色々と苦労した面はあるのですが、できあがった「relick」を見て、「本当にいい時計ができた」と感動したのを覚えています。


「relick」のデザインコンセプト
「遺物を探し旅に出る考古学者の腕時計」

「relick」のデザインコンセプト

ベーシックなカタチ

形状としては「普通の時計」のカタチです。
冒険をする学者としては、あまり腕時計の形状などにこだわらないような気がするので、普通のカタチの方がいいかなと思いました。

ワイルドさと知的さ

「探検をする教授」というようなイメージなので、ワイルドさと知的さを感じられるように意識してデザインしました。繊細な文字盤とワイルド感のある時計本体と本革ベルト。

少しレトロな雰囲気

全体的に少しレトロな雰囲気を感じると思います。「考古学者」ですから、やはり少しレトロなデザインの要素をプラス。

この時計のデザインの内容や作り方などについて、もっと詳しくご覧になりませんか?
「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >