くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

ロット

ロットの馬革ベルト

ロットの柔らかいプレミアムな馬革ベルト


美しく上品な馬革

美しく上品な馬革

柔らかくハリのある馬革

ロットに使用している革は柔らかくハリのある馬皮。
本革なので、シボ(皺など)の入り方や状態など、一枚一枚異なっています。

美しいカラーとシボ

その馬革に特注の色で革の業者さんに作ってもらったのが、この革です。
このカラーがシボと合わさり、上品で、とても美しい革となっています。


その革をいかしたシンプルなデザイン+アクセント

その革をいかしたシンプルなデザイン+アクセント

シンプルなデザイン

革ベルトも今回はシンプルに。
ミシン縫いステッチを入れたベーシックなデザインです。
シンプルなだけに、この革の美しさを楽しめると思います。

ちょっとしたアクセント

ループ(革の余りをとめるパーツ)の縫いを工夫するなど、ちょっとしたデザインのアクセントも。

両面銀面

この美しい革をふんだんに使い、両面銀面(両方とも革の表面)のベルトにしました。

本革だから

本革なので、生前の革の状態が一頭一頭違います。また、シボの入り方により色が違って見えますので、一枚の革でもカットする場所によって違いが出ます。言ってみれば、世界にひとつのベルトになります。


ハンドメイドでの制作と工夫

ハンドメイドの馬革ベルト

ハンドメイドで一本ずつ作ります

革のカットからベルトになるまで、一本一本ハンドメイドで制作しています。

2重+芯の構造

柔らかいこのベルトは肌触りが良く、手に馴染むのですが、革によっては柔らかすぎたりすることがあります。でも、あまり分厚くすると、この時計には合いません。
ということで、「革を2重にする」+「芯を入れる」という方法を取っています。


ロットの「本革ベルト」の制作風景

ロットの馬革ベルトの制作工程です。
だいたい、以下のような感じで作っています。
型(パターン)の制作までは事前に行っておき、注文を頂くと、3番目の革のカットから、ご注文ごとに、毎回、1本1本制作します。

デザイン

ラフデザイン

ラフデザインに基づいて、ベルトの詳細な設計を行います。ロットはベーシックなデザインですが、革の特徴やアクセントをつけたり等々に合わせて設計します。

型取り

革ベルトのパターン制作

パターン(型)を作ります。つまり、パーツごとに断面図を作り、革をカットするときの設計図を作ります。

革のカット

革のカット

パターンに基づいて、革をカットしていきます。

ミシン縫い

ミシン縫い

革を合わせて、中に芯を入れたら、縫いです。今回はミシン縫いをします。カタカタカタカタ縫っていきます。

穴あけ等の作業

穴あけ作業

穴を開けたりなどの作業をします。

パーツ付け等の作業

パーツ付け作業

最後に金具などの各パーツを取り付けます。

最終仕上げ

仕上げ作業

革の横の処理など、最終の仕上げをします。


時計にベルトを取り付ける

ここまででベルトが出来上がりました。
あとは、時計本体にベルトを取り付けて、腕時計にします。


注文が入ったら

以上で、ベルトの制作は終了です。
型(パターン)の制作=設計までは事前に行っておき、注文を頂くと、上の手順の革のカットから、ご注文ごとに、毎回、1本1本制作しています。


革ベルトについてのご注意