くるき亭公式サイト

くるき亭
公式サイト

MENU三

つくりモノの街

すべてがツクリモノの無機質な街をコンセプトにデザインしたオリジナル腕時計

つくりモノの街

すべてが作り物の街をコンセプトにデザインした腕時計

「すべてが作り物」の街

煙突から煙が出て、乗り物も動いているのに、よく見てみると、すべてが作り物・・・、そんな想像の街をテーマに腕時計を作ってみました。気に入って頂ける方がいたら嬉しいです。

時計のデザインにあたって

「窓を見たら、そこから不思議な街が見えた」というような時計にしたいなと思いました。時計を見るたびに、少し現実から離れられるような雰囲気の腕時計になれば嬉しいなと思って作りました。


「窓から見える作り物の街」

作り物の街の時計
多段立体の文字盤
腕時計の側面
2枚の革を縫い合わせた本革ベルト

「窓から見える作り物の街」がコンセプト。窓に見立てた時計本体は、同時に街を守る外壁も模しています。時計本体に目盛りをつけ、文字盤は街だけになるようにしました。
ベルトは航路をイメージし、片側のみステッチを入れました。構造としては、1枚の革を2つに折り、ミシンで縫った両面銀面の本革ベルトです。

「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >


「つくりモノの街」を腕につけて

腕時計「つくりモノの街」を腕につけた写真
腕時計「つくりモノの街」を腕につけた写真:遠景
腕時計「つくりモノの街」を革の色を紺色にして腕につけた写真

写真は細身の女性が腕につけたところです。
3枚目は空色のベルトではなく、紺色のベルトにして腕につけた写真です。
革の色はオーダーの時に選べます。


「つくりモノの街」のコンセプト

「つくりモノの街」のコンセプト絵
デザイン画

まずは「つくりモノの街」の絵を描いて、時計のラフデザインを行いました。
もはや、時間を知るためだけに腕時計は必要ないかもしれませんので、腕につけたときに楽しいような、時間を見るたびにホッとするような、そんな腕時計を作りたいと思いました。

「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >


「見ると、少しホッとするような腕時計に」

見るたびにホッとするような腕時計に

時計のデザインにあたって

この時計のデザインにあたっては、ファンタジーというか「現実離れ」というようなことを心がけました。

コンセプトからファンタジーなのですが、実際に出来上がった文字盤のデザインなどはもちろん、時計本体や文字盤のカラーリングなど、コンセプト時点の雰囲気を消さないように、ちょっと今までなかったような不思議な雰囲気になるようにできないかな?ということを考えながら、制作していきました。

時間を知るためではなく、時計を見るたびに、と少し現実から離れられるような時計になったらなと思って、作りました。


この時計のデザインの内容や作り方などについて、もっと詳しくご覧になりませんか?
「時計本体」についてもっと詳しく >
「本革ベルト」についてもっと詳しく >